夏はあせもより汗荒れに注意 汗荒れ対処法と予防法 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

夏はあせもより汗荒れに注意 汗荒れ対処法と予防法

夏は汗で肌トラブルも増えます。
汗によってできるものと言えばあせもが有名ですが、でもそれって本当にあせも?
もしかしたら「汗荒れ」かもしれません。
フジテレビ「めざましテレビ」で夏の肌トラブルが取り上げられましたので紹介します。

よしき皮膚科クリニック吉木伸子先生によると、汗によって起こる肌トラブルは、
実際、あせもより汗荒れのほうが多いといいます。

あせもとは


急な発汗により汗をかくための管が詰まって皮膚の下に汗がたまって起こるもの。

汗荒れとは


あまり聴き慣れないことばですが、汗荒れとは、自分でかいた汗の中の塩分や
アンモニアなどの成分によって皮膚の表面が炎症を起こしてしまうもの。
汗荒れができやすい場所は、襟まわり、肘の内側、ウエストまわり。
衣服と皮膚や皮膚どうしが擦れる場所。

汗をかく夏は、お風呂でゴシゴシ洗ってさっぱりしたくなりますが、
ナイロンタワシなどの硬いものでゴシゴシ洗わないこと、
石鹸もたくさんつけすぎないことが大切だといいます。
ゴシゴシ洗うと肌が本来持っているバリアー機能が失われてしまうといいます。
洗いすぎると自分の汗を刺激物質と認識してしまうので
柔らかいタオルで優しくなでるのように洗うのがいいんだそうです。

汗荒れ対処法


汗荒れになってしまったら、市販のかゆみ止めなどを塗る。
とにかく絶対に手でかかないことが大事。
かいてしまうと細菌が皮膚に入り込みとびひという別の病気にかかってしまうことも。
あせもは数日で治るが汗荒れは治りづらく完治するまで1〜2週間かかるといいます。

汗荒れ予防法


汗をかく夏に意外かもしれませんが、冷房によって肌が乾燥しやすいのだと。
そのため夏でも保湿が汗荒れの予防にはいいのことでした。
肌には1年中保湿が大事みたいですね。

●テレビで紹介された整菌スキンケア!まずはお試しセット1080円!
【整菌スキンケアのヒューマンフローラ】


スポンサードリンク