白内障の予防にサングラス 目の疲れを取るパーミング体操 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

白内障の予防にサングラス 目の疲れを取るパーミング体操

夏は紫外線が強い季節で、日焼け止めを塗って日焼け予防をする人が多いですが、
この紫外線、目にも悪く白内障の原因の一つだと言われています。
TBSテレビ「いっぷく」で白内障の予防などについて取り上げられましたので紹介します。
教えてくれるのが池谷医院 池谷敏郎先生です。

白内障は、徐々に進行するので初期の場合、本人はあまり自覚症状がないそうです。
夜、車のヘッドライトが眩しく感じるようになってきたら白内障が進んでいると
みたほうがいいとのこと。

Q.水道水で目を洗うのは白内障に効果があるのか?
白内障は、目の水晶体が白く濁って見えにくくなる病気。
目を洗っても、濁りが取れるわけではないので意味がない。
逆に水道水で洗うと水道水に含まれる塩素で目の角膜を傷つける可能性があるので
洗わないほうがいいとのこと。
最近はプールの後でも水道水で目を洗うことを推奨していないそうです。

Q.サングラスをかけるのは有効か?
サングラスをかけるのは有効。ただし紫外線(UV)カットのサングラスであること。
紫外線は、目には昼間よりも朝夕のほうが、直接目に入るので朝夕も予防が必要。
また、白内障には、外傷性白内障というものがあり、これは物などが目に当たり
傷つくことで将来白内障になるというもの。
サングラスは、目を物理的に守るという働きもある。
ちなみにパソコンの光は、白内障には直接関係ないとのこと。

眼科ドック
40歳以上を過ぎたら白内障の早期発見など目の病気がないか眼科ドックを
受けるものオススメ。
南青山眼科クリニックの眼科ドックは全部で13項目1時間半程 費用は¥2万程

パーミング体操


目の疲れを取る体操
(1) 手のひらをこすって手のひらを温かくする
(2) 手のひらをお椀のように膨らみを持たせて目に当てる。
  この時、目は閉じる。目の周りを温めて血行を良くする。
ちょっと目が疲れたなと思ったときにやるといいそうです。

●やわたの機能性表示食品「メラックスeye」1粒にルテイン25mgと高配合!
機能性表示食品やわたのメラックスeye


●テレビCMでおなじみファンケルの目のサプリ「えんきん」日本初!目の機能性表示食品
えんきん お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!




スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。