LOXインデックス検査で脳梗塞や心筋梗塞のリスクが分かる 三番町ごきげんクリニック - 健康関心事

  
スポンサードリンク

LOXインデックス検査で脳梗塞や心筋梗塞のリスクが分かる 三番町ごきげんクリニック

夏は、熱中症に注意が必要ですが、最近良く言われているのが夏の脳梗塞と心筋梗塞です。
夏に多く発症するということで注目されています。
そんな脳梗塞と心筋梗塞ですが、自分がどれだけリスクがあるのか検査することができるそうです。
テレビ朝日「グッド!モーニング」で取り上げられましたので紹介します。

夏は、脱水により熱中症に加え、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まるといいます。
原因は脱水による血液のドロドロ。
そのため脱水症状を起こさないようこまめに水分補給を行うことが大切だといいます。
脳梗塞や心筋梗塞のリスクは加齢とともに高まりますが、
自分がどれだけ発症リスクがあるのか血液検査でわかるものがあるそうです。
それがLOXインデックス検査と呼ばれるもの。

LOXインデックス検査とは


LOXインデックス検査は血液検査で脳梗塞につながる原因物質を数値化し、
10年以内の発症リスクを4段階評価したもの。(低・中・中高・高)
予防法も提示。
検査費用:¥1万2000程度(別途初診料)(保険適用外)
※費用は医療期間によって異なる。

発症リスクを減らすには青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸、野菜、果物に含まれる
抗酸化物質をしっかり摂ることだといいます。
あとは適度な運動も必要だということです。

番組で紹介された病院が三番町ごきげんクリニック(東京・千代田区)でした。
沢登院長によると、健康診断でコレステロールのバランスが悪かったり、
家族で脳梗塞や心筋梗塞の人がいたり、心配だということで検査に訪れる人が多いといいます。

三番町ごきげんクリニック(東京・千代田区)




スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。