気圧の変化と頭痛の関係・対処法はガムを噛む ゲンキの時間 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

気圧の変化と頭痛の関係・対処法はガムを噛む ゲンキの時間

台風が接近すると頭痛がするというのはよく聞きます。
これってちゃんと理由があるといいます。
TBS「ゲンキの時間」で取り上げられましたので紹介します。

気圧の変化と頭痛との関係


台風の接近や雨の日は低気圧になります。
この低気圧になる気圧の変化が頭痛を引き起こすということでした。
人は、気圧の変化を耳の奥の内耳でとらえています。
高層ビルのエレベーターで耳がキーンとなるのは鼓膜が外側に引っ張られるため。
内耳が気圧の変化をとらえると人によっては自律神経のバランスを崩し、脳の血管が拡張します。
この脳の血管が拡張することで脳の神経が圧迫され頭痛をもたらすということでした。
低気圧のままの状態が続くと、体が気圧に慣れ頭痛も治まるといいます。
台風が近づいてくると気圧が下がり頭痛がして、低気圧のまま安定すると頭痛が治まり、
台風が去っていくと気圧が上がりまた頭痛がするといいます。
ただこの気圧の変化による頭痛は、誰もがなるわけではなく、
普段から頭痛をおこしやすい人がなりやすいといいます。
その頭痛には大きく分けて片頭痛、緊張型頭痛の2種類です。
それぞれの特徴はこうです。
片頭痛 → 光や音やニオイに過敏な人
緊張型頭痛 → 首や肩のこりがひどい人

気圧の変化による頭痛の対処法


ガムを噛む。内耳にかかる気圧が調整され頭痛が抑えられる。
片頭痛、緊張型頭痛のどちらでも有効な方法です。
緊張型頭痛の人は首筋を温めるのも血行の流れが良くなり有効。
ただし片頭痛の人は逆効果になるので注意が必要だということでした。

ちなみに頭痛になりやすい人は、普段からストレスがかかって交感神経が
興奮している人に多いそうです。
さらに性格が真面目で美人な人に多いそうです。
美人な人は色々考えることが多いからなんだそうです。

●90%以上の方が実感!頭痛予防サプリ「ずきしらずの実」モンドセレクション銀賞受賞!
本気で悩む方に向けた植物由来の頭痛解消サプリメント「ずきしらずの実」



スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。