心房細動とは 自己チェック方法 加熱・冷凍アブレーション モーニングバードで紹介 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

心房細動とは 自己チェック方法 加熱・冷凍アブレーション モーニングバードで紹介

誰でも経験する心臓のドキドキ感ですが、中には危険なものもあるといいます。
テレビ朝日「モーニングバード」の石原良純さんのアカデミヨシズミのコーナーで
心臓の危ない震え、心房細動について取り上げられましたので紹介します。
心房細動について教えてくれるのが筑波大学大学院 循環器内科 青沼和隆先生です。

心房細動とは


心臓は、通常は規則正しく収縮と拡張を繰り返しています。
ところが心臓の心房部分が異常に早く不規則に動くのが心房細動と呼ばれるもの。
異常な震えの原因は、異常な電気が発生したためと考えれています。
この心房細動が頻繁に起きると、血液がよどんでしまい、血栓ができることがあります。
その血栓が何かの拍子で外に流れ、脳にたどり着くと脳梗塞につながるといいます。
つまり心房細動はとても危険な震えだということです。
心房細動になりやすい人は、加齢の他には、肥満、高血圧、糖尿病などの生活習慣病
の人が因果関係は解明されていないですがなりやすいと言われています。
この心房細動、心臓には震えを打ち消す機能があるため必ずしも自覚症状が
あるとは限らないといいます。
では、どうしたら発見することができるのか?
そこで家庭でできる簡単なチェック方法が紹介されました。

心房細動の自己チェック方法


手首の血管に3本の指を20秒間当てて脈の乱れを調べる。
親指より3本の指でとった方がわかりやすいという。
もし脈が不規則なら病院で心電図の検査を行うことが大事。

カテーテルを使った加熱・冷凍アブレーション


心房細動が長期続く場合は、カテーテル手術による根本治療が必要だといいます。
より安全、的確な手術を行うために磁気立体マッピング装置が使われます。
処置方法としては、カテーテルで心筋の表面を加熱処理したり(加熱アブレーション)、
冷やして固める(冷凍アブレーション)ことを行います。
これにより異常な電気が伝わらないようになるといいます。
冷凍アブレーション手術は、時間が短縮されることでより患者に負担が少ない
新しい手術でまだ全国の約20の医療機関でしか行われていないそうです。



スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。