冷えのぼせの原因は自律神経の乱れ 改善法とは - 健康関心事

  
スポンサードリンク

冷えのぼせの原因は自律神経の乱れ 改善法とは

寒くなると冷え症に悩む人が増えてきますが、その冷え症が悪化した
冷えのぼせに注意が必要だといいます。
テレビ朝日「グッドモーニング」でも取り上げられましたので紹介します。

冷えのぼせの原因は自律神経の乱れ


冷え症の中には、手足は冷たいのに頭はボーッとしてほてる人がいるといいます。
それはただの冷え症ではないとのこと。
それは冷え症がさらに悪化した冷えのぼせだということでした。
10月11月は冷えのぼせが増える季節だといいます。
冷えのぼせは、気温差が大きい季節に起こりやすく、
手足は冷えているのに頭はのぼせるといった症状です。
これは自律神経のバランスを崩したいる状態だといいます。
ちょっと体を動かしただけで上半身だけどっと汗をかくのも冷えのぼせの症状だといいます。

冷えのぼせの改善法


冷えのぼせの改善として間違った方法が長風呂だといいます。
冷え症だと思って長風呂をするとかえって悪化してめまいや頭痛なども
引き起こすことがあるといいます。
冷えのぼせの人は自分に合った温度と時間で心地よく入浴するのがいいとのこと。
改善法としては、寝る前のストレッチや腹式呼吸が有効とのこと。
また電子レンジで温めた濡れタオルや市販の温熱製品で太い血管が通る
首の後ろを温めると効果があるといいます。

ハイネックなどの首周辺が覆われている服はさけ、首の前が空いている服を着たり
首周りに風を通せるアイテムが有効だといいます。
冷えのぼせは、ただ温めるのは逆効果で冷えている部分はしっかり温めて、
のぼせている部分からは熱を逃がしてあげるのが良いとのこと。

冷えのぼせは女性に多いですが、男性でも出ることがあるといいます。



スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。