肩こり解消法ストレッチ 竹井仁先生 シューイチで紹介 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

肩こり解消法ストレッチ 竹井仁先生 シューイチで紹介

肩こりを科学的に研究している方といえば、お馴染みの首都大学東京 竹井仁先生です。
肩こり解消のスペシャリストです。
日本テレビ「シューイチ」の中山のイチバンのコーナーで中山秀征さんが首都大学東京を訪れ
竹井先生より肩こり解消法ストレッチを教えてもらいました。

超音波エラストグラフィで肩こりが視覚的に分かる


肩こりは血流が滞った状態のことなので超音波を使ったエラストグラフィで
血流を視覚的に見ることで肩こりの状態を見ることができるといいます。
中山さんの肩は、深層部の血流がやや悪い状態で軽度の肩こりの状態のようでした。

肩こり解消法ストレッチ


竹井先生考案のストレッチと筋トレを合わせたエクササイズ3つです。

肩甲骨 10時・2時エクササイズ


(1) 肩甲骨を時計の10時の方向に5秒。
(2) 肩甲骨を時計の2時の方向に5秒。
時計は体の右側にあるとみたてたもので10時で上斜め前に2時で上斜め後ろに
引き上げることになる。

肩甲骨 平泳ぎエクササイズ


(1) 両手を前に伸ばして平泳ぎのように肩を突き出して5秒。
(2) 肩の高さでまっすぐ肘を後ろに引いて5秒。
(3) 肘は肩の高さのままで両手を上げて5秒。

肩甲骨 時計半時計回りエクササイズ


(1) 肘を90度に曲げて片腕は大きく上げて頭の後ろを超えるように回し、
  反対の腕は背中の後ろに回して5秒。
(2) 逆にして5秒。
体はまっすぐにして行う。

最初は5回ずつ行い、慣れたら10回20回と行うといいとのこと。
まとめてやるより、朝、昼、晩と1日のうちに何回も分けて行うのが効果的だそうです。
1回行うだけでも温かくなるので、毎日行うと効果がでそうですね。



スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。