めまい予防体操 めまいチェック 二木隆先生 めまいが出たらめまい相談医へ - 健康関心事

  
スポンサードリンク

めまい予防体操 めまいチェック 二木隆先生 めまいが出たらめまい相談医へ

めまいは加齢とともに増えてくる病です。
厚生労働省によるとめまいは65歳以上の女性の半数、男性は3割が経験しているといわれます。
TBSテレビ「いっぷく」のいっぷくクリニックでめまいについて取り上げられましたので
紹介します。
教えてくれるのが二木・深谷耳鼻咽喉科 めまいクリニック 二木隆先生です。

回転性めまいの原因は耳に


めまいの中でも回転性のめまいは耳が原因のことが多いといいます。
人の耳には体の回転と重力の方向を感知する三半規管などがあります。
この部分になんらかの異常があると平衡感覚が低下してめまいを感じるといいます。
とくに女性は、平衡器官にストレスをの影響を受けやすいそうです。
さらに加齢による平衡感覚の低下が起きるのでめまいは中高年の女性に多いといわれます。
さらにめまいは一度めまいがおきるとなかなか完治しにくいともいわれます。

めまいチェック


紙と鉛筆を用意します。
目をつぶって、紙に縦にABCEDと3回書きます。
1回目は真ん中に、2回目は左に、3回目は右に縦に書きます。
縦に書いたABCDEが20℃以上傾いたら、平衡機能に問題ある可能性があり、
めまいになりやすいといいます。

<足踏み検査>
目をつむって手を前に伸ばしてその場で50回足踏みをします。
スタート時点からの移動した角度を測定します。
左右に45度以上ずれた場合は平衡機能に問題ある可能性があります。
前後にずれるのは問題ありません。

耳の平衡機能はストレスを受けやすいので、完璧主義の人や性格が真面目な人が
注意が必要だといいます。また人間関係によるストレスや睡眠不足もストレスになるので
注意が必要です。

めまい予防体操


二木先生による軽度のめまい、めまいになっていない人のためのめまい予防体操です。
(1) 体を右に45度傾け10秒キープします。ゆっくりと元に戻す
(2) 体を左に45度傾け10秒キープします。ゆっくりと元に戻す
(1),(2)の動作を1セットとして5セット行い、1日2回行う。
頭を傾けることで耳の平衡機能を鍛えるものです。
※この運動でめまいが起きる事があるので、めまいを感じたらすぐに止めてください。

めまいが出たらどこの病院に行けばいいの?


多くは耳が原因と考えられるので、耳鼻咽喉科へ診てもらうのが良いとのこと。
耳鼻咽喉科でもめまいを専門にしているところならさらにオススメです。
全国にめまい相談医は436名いるそうです。(日本めまい平衡医学会より)
全国のめまい相談医リストはこちらです。
http://memai.jp/sodan-i/list2012.htm

※ただし、めまいがあっても手や足にしびれや麻痺が出ていたりろれつが回らない場合は
脳梗塞、脳出血の可能性が高いので直ちに脳外科へ。

●つらい耳なり・めまいに効く漢方薬【静命漢方堂】
→ 家庭でできる漢方薬治療



スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。