西洋医学の医者も使いたい漢方薬(葛根湯 芍薬甘草湯 五苓散 加味逍遥散)林修の今でしょ!講座 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

西洋医学の医者も使いたい漢方薬(葛根湯 芍薬甘草湯 五苓散 加味逍遥散)林修の今でしょ!講座

テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」で、西洋医学の医者30人に聞いたプライベートで
も使いたい漢方薬4つが取り上げられましたのでまとめてみました。
紹介するのは、以前も番組で漢方について紹介した
帝京大学医学部附属病院 准教授 新見正則先生です。
4つの漢方薬が葛根湯、芍薬甘草湯、五苓散、加味逍遥散でした。

葛根湯


西洋医学の医者に聞いた葛根湯の魅力とは?
・朝、診療していて風邪っぽい時に飲むと昼には症状がなくなっている。
・西洋薬では風邪が治るまで時間がかかるが改善が早い。
・風邪薬としても肩こり、中耳炎の薬としても使える。
新見先生によると葛根湯に含まれる麻黄という生薬がかぜやインフルエンザにも効くという。
他にも中耳炎・頭痛・扁桃炎・腰痛・急性胃腸炎・ひざ痛・筋肉痛・月経痛・下痢など。
とにかく痛みなどの幅広い症状に効果があるといいます。
葛根湯には7つの生薬が含まれ、中でも麻黄には麻黄湯があり
風邪などの熱が出る症状の改善に期待できるといいます。

芍薬甘草湯


西洋医学の医者に聞いた芍薬甘草湯の魅力とは?
・筋肉がつった時に飲んだら痛みがとれて楽。
・マラソンなど前もって飲んでおくと足をつらなくてすむ。
新見先生も趣味のトライアスロンの時に飲んでいるそうです。
大体6分で効くそうです。
ふくらはぎがつるこむら返り以外にも原因が筋肉が関係するものに効果があり。
筋肉痛・月経痛・肩こり・下痢・腰痛・胃痛に効果があるといいます。
なぜ、効果があるのかはわかっていないそうです。

五苓散


西洋医学の医者に聞いた五苓散の魅力とは?
・若い頃は五苓散に飲んでから忘年会に行っていた。
・五苓散は二日酔いの特効薬。最初に飲んでも二日酔いの後でも良い。
・二日酔いの薬の中で最も効果が強いと思われる。
他にもめまい・むくみ・下痢・風邪・内臓のムカムカ・頭痛・胃痛・急性胃腸炎など。
桂皮に鎮静・解熱の効果が期待できる。
それ以外の猪苓・茯苓・蒼朮・沢瀉は足のむくみなど水のアンバランスを治す生薬。
五苓散は余分な水分を出す効果がある。
二日酔い以外に急性胃腸炎に子供にも効果がある。
新見先生によると子供にはとどんなときでも五苓散がいいそうです。

加味逍遥散


西洋医学の医者に聞いた加味逍遥散の魅力とは?
・女性のストレス・イライラの一番最初の出す薬。
・ホルモンが絡んだ不調の若い女性にホルモン剤を使わず気持ちを持ち上げるもの。
・女医が実際経験、状況を打破するパワーが生まれる。
女性の更年期障害や自律神経失調症の改善に期待。
まずは女性のイライラに試して下さいというものなんだとか。
他にも冷え性・頭痛・ひざ痛・肩こり・便秘・しもやけなど。
柴胡に精神安定・解熱効果がある。
当帰に血流を改善する効果がある。

林修の今でしょ!講座での新見先生のこれまでの漢方薬講座です。
http://kenkouk.seesaa.net/article/400991734.html

http://kenkouk.seesaa.net/article/402841835.html



スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。