乾燥肌 入浴はぬるめで短時間 顔・手のスキンケアクリームはたっぷりに 野村有子先生 モーニングバードで紹介 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

乾燥肌 入浴はぬるめで短時間 顔・手のスキンケアクリームはたっぷりに 野村有子先生 モーニングバードで紹介

冬の乾燥、肌も乾燥して肌トラブルに悩む人が増えるといいます。
テレビ朝日「モーニングバード」の石原良純さんのアカデミヨシズミのコーナーで
乾燥肌について取り上げられましたので紹介します。
解説:野村皮膚科医院 野村有子先生

乾燥肌対策のポイント


乾燥肌に悩んでいる人は、日常生活において乾燥肌を招く行為を行っているといいます。
そこで気をつけたいポイントが挙げられました。
・食器などの洗い物は32℃以下のぬるま湯で短時間で洗う。
 40℃と超えると皮脂膜が溶けて流れてしまい乾燥肌の原因になるため。
・お風呂の入浴温度も40℃以下の湯に5〜10分ほど。
 体は、ゴシゴシ洗わずやさしく洗う。
 お風呂上がりは、水分があっという間に蒸発するのですぐに保湿クリームを塗り、
 部屋の湿度は50〜60%に保つ。
 シャワーは、水圧でさらに脂が落ちやすいので3秒程度の短時間に。
つまり、とにかく温度はぬるめで短時間が、肌にはいいようです。

乾燥肌改善スキンケア方法


角質は2週間でかわるので、2週間ケアすると随分変わるといいます。

顔のスキンケア


敏感肌用の保湿クリームをたっぷり使うのが良い。
(1) 敏感肌用の保湿クリームをたっぷりとり、額、両頬、鼻、アゴにつける。
(2) ゆっくり動かし、肌が動かさないようやさしくのばす。
(3) 仕上げは、手のぬくもりを使って顔を軽く押さえてクリームを浸透させる。

手のスキンケア


手が荒れている時はビタミンE入りのハンドクリームが効果的。
(1) 手の甲にたっぷりのせ、手全体にまんべんなく広げる。
(2) 指を握りながら1本ずつ指になじませる。
  これにより血行もよくなり角質の新陳代謝が促進し改善される。
(3) 症状がひどい部分にはクリームを重ね塗りする。

クリームは安価なクリームで構わないそうですが、
とにかく惜しまずたっぷり使うのがポイントのようです。



スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。