膝痛予防改善法 あっぷる体操 ひざのコリマッサージ 石橋恭之先生 たけしのみんなの家庭の医学1月13日 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

膝痛予防改善法 あっぷる体操 ひざのコリマッサージ 石橋恭之先生 たけしのみんなの家庭の医学1月13日

ひざ痛予防改善法は様々な方法があります。
今回テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」自宅で予防改善SP(1月13日)で
名医による膝(ひざ)痛の予防改善法が2つが紹介されました。
解説:弘前大学大学院医学研究科 教授 石橋恭之先生
006445.gif

あっぷる体操でひざ痛予防改善


青森県の健康増進プロジェクトで行われている健康増進体操 あっぷる体操。

あっぷる体操見本動画
http://www.nhk.or.jp/aomori/taiso/movie.html

この体操をすることでひざ痛が解消される人が続出しているといいます。
変形性膝関節症で痛い人もこの体操で痛みがなくなるといいます。
どうして痛みがなくなるのか?
石橋先生によると、ひざを取り巻く筋肉を鍛えることでひざ軟骨がすり減っても
衝撃が和らぎひざ痛を改善することができるということでした。
あっぷる体操のミニスクワットがひざへの筋力アップにつながると考えられるという。
あっぷる体操はフルに行うと30分以上かかるというもの。
そこで今回手軽にひざ痛を改善できる2つの体操が紹介されました。

大腿四頭筋を鍛える体操


(1) 椅子に深く腰掛けて片足を前に突き出す。
  突き出した足の足首は90°でひざは曲げないこと。
(2) 大腿四頭筋を意識して太ももに力を入れ10秒間キープ。
左右3回1セットを朝昼晩行うと効果的。
最初は大変なので徐々に増やすといいかもしれません。

ハムストリングを鍛える体操


(1) 椅子の後ろに立ち転倒予防のため背もたれに手をかける。
(2) 片足て立ち、ひざを曲げてかかとを上げお尻つけるようにする。
(2) ゆっくりと足を下ろす。これを繰り返す。
ポイントは、足を下ろすときできるだけゆっくり下ろす。
左右10回を朝昼晩行うと効果的。

ひざ痛の新原因:ひざのコリ


ひざ関節まわりの筋肉や腱のコリがひざ痛を悪化させ、
変形性膝関節症の進行も早めるといいます。
変形性膝関節症の方の多くは、コリによる痛みも感じているといいます。
どうすればコリをほぐし、軟骨のすり減りを予防することができるのか。
ひざのコリはマッサージで予防できるといいます。

ひざのコリ1分マッサージ


マッサージは膝蓋骨と呼ばれるひざのお皿のまわりをマッサージします。
◆お皿が動くかどうか確認する。
(1) 床に足を伸ばして座り太ももの力を抜く。
(2) ひざのお皿が動くか確認する。健康な場合、お皿は前後左右に動く。
◆マッサージのやり方
(1) 床に足を伸ばして座り太ももの力を抜いた状態で両手の親指をお皿のふちにかける。
(2) 足のつま先に向かって5秒ほど押す。
(3) 次に左上から斜め、右上から斜め、逆につま先からももにと8つ方向から押す。
  痛むところがコリがあるところで重点的に強めに押すことでコリがほぐれる。

●ひざの痛みに飲んで効く!医薬品として効果・効能が認められた富山の薬♪
富山常備薬のリョウシンJV錠 【初回限定価格】でお試しいただけます

●テレビCMでおなじみのやわたから販売されているこだわりの国産グルコサミンです。
やわたの国産グルコサミン



スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。