片頭痛から脳過敏や脳梗塞の危険 清水俊彦先生 あのニュースで得する人損する人 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

片頭痛から脳過敏や脳梗塞の危険 清水俊彦先生 あのニュースで得する人損する人

頭痛は多くの人が経験しますが、放っておくと危険な目に遭うこともあるといいます。
日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」1月29日で取り上げられました。
解説:汐留シティセンター セントラルクリニック 清水俊彦先生
zutsu.jpg

片頭痛から脳過敏に(研ナオコさんが体験)


研ナオコさん、20代の若い頃から頭痛に悩まされたいたといいますが
年齢を重ねるうちにその痛みも和らいでいったそうです。
しかし50代になってから3つのトラブルに襲われたといいます。
それが、激しい耳鳴り、激しいめまい、極度の不眠でした。
これを引き起こした原因がなんど片頭痛だということでした。
これは、片頭痛が形を変えてでてきた症状なんだそうです。
片頭痛は血管が拡張することで起きるもので年を重ねると血管が硬くなり、
血管の収縮が悪くなるため痛みを感じにくくなるという。
研ナオコさんも同様に年をとることで激しい痛みが治まったと考えらます。
ではなぜ他の症状がでるようになったのか?
これが脳過敏と呼ばれるもので、片頭痛を長年放置すると脳はちょっとした刺激にも
興奮し、聴覚、平衡感覚などに異常をきたすといいます。
研ナオコさんも片頭痛を長年放置したため脳過敏になって耳鳴りやめまいなどの
症状がでたということでした。
年をとってから耳鳴り、めまい、不眠など起きて色々診てもらっても原因が不明の場合、
昔の脳過敏が原因の場合も考えられるそうです。
原因は片頭痛にあったという研ナオコさん、今では治療により快適に過ごしているそうです。

片頭痛から脳梗塞に


片頭痛が日常化して放置すると脳梗塞を発症する確率が通常の人より7倍リスクが高く
なるというデータがあるといいます。
なぜ片頭痛を繰り返すと脳梗塞になるリスクを高めるのか?
片頭痛は血管の急激な拡張と収縮を繰り返します。
それを何度も繰り返すと脳の血管に微細な傷ができます。
傷を修復することを繰り返すことで血管が硬くなり劣化して
脳梗塞のリスクを高めるといいます。

芸能人の頭痛検査結果


今回出演の芸能人5人の検査結果
片頭痛あり … 後藤輝基、坂上忍、雛形あきこ、吉村崇
片頭痛なし … 羽鳥慎一

緊張型頭痛と片頭痛の簡単な見分け方


頭痛が起きた時に、おじぎをして首をふる。
痛みが増せば片頭痛。痛みが変わらなければ緊張型頭痛。
※個人差があります。

緊張型頭痛の対処法


1.お風呂に入って体を温める。
2.マッサージをして血行を良くする。
ただし、片頭痛の方には余計に血管が広がり悪化する。

片頭痛の対処法


1.痛む部分を冷やす
2.静かな暗い部屋で横になる

緊張型頭痛は血管を広げてあげること、
片頭痛は、血管を収縮させることがいいということでした。



スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。