微小脳梗塞チェック 割り箸テスト 微小脳梗塞予防 パチパチ体操&キラキラ体操 眞田祥一先生 モーニングバードで紹介 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

微小脳梗塞チェック 割り箸テスト 微小脳梗塞予防 パチパチ体操&キラキラ体操 眞田祥一先生 モーニングバードで紹介

テレビ朝日「モーニングバード」2月2日の石原良純さんのアカデミヨシズミのコーナーで、
50代の人の半分に疑いがあるという微小脳梗塞が紹介されました。
教えてくれるのが眞田クリニック 眞田祥一先生です。

微小脳梗塞とは


脳梗塞はよく聞きますが、微小脳梗塞はあまり聞きなれない言葉です。
微小脳梗塞とは、脳梗塞の前段階としてあるもので、脳の小さな血管が詰まり、2〜3ミリ程度の脳梗塞ができるというものです。微小脳梗塞のまわりが萎縮したり将来的には大きな脳梗塞を引き起こす可能性があります。
この微小脳梗塞、50代の2人に1人に疑いがあり多くの人がなっているといいます。
しかし微小脳梗塞の場合、脳梗塞と違って、あまり自覚症状が無いといいます。

微小脳梗塞のわずかなサイン


微小脳梗塞の中にはわずかなサインがあることもあるそうです。
・片側のしびれ
・言葉が出ない
・ふらつき
・よくつまずき、
・頭痛
微小脳梗塞の原因は、老化による動脈硬化です。動脈硬化が進んだ方、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙などがあると将来的には本格的な脳梗塞を招きやすいといいます。

微小脳梗塞チェック 割り箸テスト


微小脳梗塞があるかどうかの簡単なチェック方法です。割り箸を用意します。
(1) 割り箸を割る。
(2) 十字にしてバランスを取りながら箸をのせる。
(3) 上下に10センチぐらい5往復させる。
載せるまでに10秒以上かかったり、
何度やっても途中で落としてしまう場合は、微小脳梗塞の疑いあり。

LOX-index


最新の血液検査で、将来的な脳梗塞の発症リスクを診断するものです。
酸化悪玉コレステロールと動脈硬化を引き起こすたんぱく質の量を測定し、
今後10年間の脳梗塞の発症リスクがわかるというもの。

微小脳梗塞の予防


微小脳梗塞を予防するには、やはりバランスのいい食事と運動。
食事 … 塩分を控え野菜を1日350g摂る。
運動 … ウォーキングを1日合計30分程行う。

パチパチ体操とキラキラ体操は微小脳梗塞を予防する室内でできる手軽な運動です。
脳の循環が良くなり一酸化窒素(NO)が発生し動脈硬化の予防になるといいます。

パチパチ体操


(1) 両手を前にまっすぐ伸ばして、手のひらと手の甲を交互にパチパチ合わせる。
(2) 1セット30回1日3セット。
なるべくリズムカルに行う。

キラキラ体操


(1) 両手を、胸の前にかざし左右の手が乱れないようできるだけ早くキラキラと手を回す。
(2) 1セット20回1日3セット行う。
できるだけ早く行う
taiso.jpg



スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。