冬の水虫 ブーツ・お風呂マットに注意 水虫薬の正しい塗り方 渡辺晋一先生 モーニングバードで紹介 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

冬の水虫 ブーツ・お風呂マットに注意 水虫薬の正しい塗り方 渡辺晋一先生 モーニングバードで紹介

水虫は冬でも注意が必要だといいます
テレビ朝日「モーニングバード」2月16日の石原良純さんのアカデミヨシズミのコーナーで水虫について取り上げられました。
水虫について教えてくれるのが、帝京大学医学部皮膚科 教授 渡辺晋一先生です。

水虫の特徴


水虫は、白癬菌というカビが感染してなります。例えば温泉施設やスポーツクラブの足拭きマットには100%白癬菌がいると考えたほうがいいそうです。そこを踏むことで白癬菌を拾ってしまうんだそうです。
水虫の人の9割は自覚症状がないといいます。つまり知らない間に既に感染している人も多くいるということです。
白癬菌が皮膚に付着して24時間で角層に入り水虫に感染するそうです。
感染した水虫が増殖して、角層の下までくると炎症やかゆみ、水ぶくれなどがおきるといいます。角層の成分をもつ爪にまで水虫になることもあり、中には、ひび割れなどを起こすあかぎれタイプの水虫もあるそうです。

冬の水虫は、梅雨や夏場の季節に比べると少ないですが、若い女性で増えるいるといいます。
その原因は、ブーツを履くためでした。
ブーツの中は湿度が高く、白癬菌にとって好都合な環境なんです。
087736.jpg

水虫に感染しないために


現在、ほとんどの水虫は家庭内感染だといいます。夫が水虫に感染しているといずれ妻やお子さんに感染するといいます。注意が必要な場所が風呂場の足拭きマット。
風呂場の足拭きマットは毎日洗った方がいいそうです。
足を軽石やナイロンタオルなどでゴシゴシこすると皮膚に傷がつき、白癬菌は通常より倍のスピードで侵入してくるといいます。足は手でやさしく洗うのがポイントです。
足を洗ったあとの乾燥は、タオルで拭くだけではなくドライヤーでしっかり乾かすのが感染しないコツだといいます。
ブーツなどの靴は自然乾燥だけではダメで、白癬菌をとり除かなくてはいけません。
そのためには、濡れタオルで拭き取って、十分乾燥させることが大事だといいます。

水虫薬の正しい塗り方


水虫は、正しく薬をぬれば約1ヶ月(5週間)で完治できるといいます。
(1) 薬は人差し指の第一関節より多めに出す。
(2) 足裏、指の間、側面、かかとなど足全体に薬を塗る。
症状がでていないところも塗るのがポイントです。
水虫が治らない最大の原因は、自覚症状があるところしか塗らないため。
しかも症状が無くなったら止めてしまうことが治らない原因だといいます。
片足だけに症状があっても両足に塗るというのもポイント。
たっぷり足全体に1ヶ月間塗れば、完全に治すことができるということでした。
またこれまで爪水虫は飲み薬じゃないと治りませんでしたが、
最近では、塗り薬で治すことができる薬も出てきているそうです。

スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。