鼻づまり解消法(蒸しタオル ペットボトル 足湯)好酸球性副鼻腔炎の診断・治療法 ゲンキの時間 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

鼻づまり解消法(蒸しタオル ペットボトル 足湯)好酸球性副鼻腔炎の診断・治療法 ゲンキの時間

鼻水・鼻づまりは、男性の不快な症状ランキング第3位だといいます。
TBSテレビ「ゲンキの時間」2月22日でその鼻水・鼻づまりについて放送されました。そこで鼻づまり解消法と最近増えているという好酸球性副鼻腔炎について取り上げてみました。
解説:東京大学医学部 耳鼻咽喉科 近藤健二先生

鼻づまり解消法


鼻炎になると鼻づまりが気になります。この鼻づまり、実は鼻水が詰まったものではなく、鼻の粘膜が腫れて鼻づまりになるということでした。この鼻づまりの解消法として3つが紹介されました。番組の実験では、鼻づまりを解消にかかる時間は異なりましたがどれも鼻づまりを解消するものでした。

蒸しタオルを当てる


<やり方>
40℃のお湯でしぼった蒸しタオルを鼻にあてる。
■鼻づまり解消にかかった時間:37秒
<理由>
鼻の粘膜の温度が高くなると粘膜の血液の流れがよくなって腫れがとれる。

ペットボトルを脇にはさむ


<やり方>
つまっている鼻の反対の脇にペットボトルをはさむと鼻づまりが解消させる。
横になって寝ると上側の鼻が通るのと同様の効果。
■鼻づまり解消にかかった時間:6分43秒
<理由>
脇の下にかかった圧力で鼻の交感神経が刺激され、反対側の鼻の粘膜が縮むため鼻づまりが解消させる。

足湯


<やり方>
42℃のお湯に足を入れる。
靴下を多めに履くことでも足湯と同じ効果が得られるという。
■鼻づまりに解消かかった時間:2分00秒
<理由>
足の感覚の神経が刺激されると、血管の伸び縮みを調節している自律神経が鼻に影響して鼻の粘膜の腫れがとれる。

好酸球性副鼻腔炎の診断・治療法


最近、急増している新タイプの副鼻腔炎が好酸球性副鼻腔炎と呼ばれるもの。
通常の副鼻腔炎(蓄膿症)は菌の侵入による感染で発症します。
好酸球性副鼻腔炎は、本来体を守る免疫機能を持つ白血球の一種、好酸球が鼻の粘膜で増殖し、副鼻腔炎を起こすという病気。好酸球が増殖する原因はアレルギーが多く花粉症から併発するケースが増えているという。そのため花粉症の季節に急増するといいます。特徴は鼻たけと呼ばれる鼻腔内の粘膜が炎症を起こしきのこ状に膨らんだ水ぶくれができるというもの。重症化すると気管支炎や肺炎も引き起こすこともあるという。
<診断法>
鼻水を検査し好酸球の数を調べる。好酸球の数が多いと好酸球性副鼻腔炎と診断。
<治療法>
従来の副鼻腔炎と原因が異なるので治療法もまったく異なります。
抗アレルギー剤の飲み薬とステロイド点鼻薬。
鼻たけが大きい場合は、内視鏡による切除手術を行う。

予防法としては、今のところはっきりとした原因が突き止められていないので、効果的に発症を予防する方法はないとのこと。早期に発見することで重症化を防ぐことができるので、早めに診てもらうことが大切だということでした。

スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。