池谷敏郎先生の若返り健康法 池谷式朝ジュース アマニ油 午後2時の昼食 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

池谷敏郎先生の若返り健康法 池谷式朝ジュース アマニ油 午後2時の昼食

ゾンビ体操でお馴染みの池谷敏郎先生ですが、その若々しい池谷先生より日頃行っている6つの若返り健康法がTBSテレビ「いっぷく」で放送されましたのでまとめてみました。

6つの若返り健康法


最近よく血管年齢を若返らせれば見た目も若返ると言われますが、池谷先生がまさに、それを実践した人だといいます。
16年前は、今より10kg以上太っていたという池谷先生、仕事に追われて健康には無防備だったそうです。40歳頃から患者さんに言っていた血管若返りの方法を自分でもやるようになってから自然に体重が減り、血管年齢も若返ったといいます。

その1:朝食は池谷式朝ジュース


池谷先生、朝食は朝ジュースのみなんだそうで5年間続けているといいます。
<材料>
ニンジン … 1.5本
リンゴ … 1/2個
レモン … 1/2個
アマニ油 … 小さじ1
<作り方>
(1) ニンジンは皮を向き、リンゴは皮のまま芯を除き、レモンも皮のままよく洗い、
  ジューサーにかけやすい大きさにカットする。
(2) ジューサにかけ、アマニ油を加えたら出来上がり。
アマニ油を入れても油はあまり気にならないそうです。
さらにショウガを1かけ入れるのもオススメのアレンジ。
味に切れが出て、血行も良くなり冷え性の人にオススメ。

<栄養ポイント>
ビタミン・ミネラルが豊富。
リンゴやレモンの皮のポリフェノールが血管の酸化を防ぐ。
ジューサーはHUROMの石臼式低速ジューサーを使用することで、栄養分が壊れにくく、滑らかな口当たりになる。

その2:アマニ油で血管力アップ


ジュースに入れたアマニ油は血管力がアップするといいます。アマニ油は植物の亜麻の種から作られる油。最近よくえごま油、アマニ油を耳にしますが、どちらもオメガ3系のオイルで体内で青魚に含まれるEPAに変換され血管を柔らかくしてくれる働きがあるといいます。熱に弱いのでジュースやサラダにかけるのがオススメ。
たくさん摂る必要がなく小さじ1杯が目安。

その3:仕事中にこまめに動く


やはり、運動は大切だということです。

その4:昼食は午後2時頃にとる


たんぱく質の一種、ビーマル1は脂肪を溜め込む働きをする性質がある。このビーマル1は、時間帯によって量が変化する。ビーマル1が多いときに食べると脂肪が溜まりやすく、少ないときに食べると脂肪が溜まりにくい。午後2時がビーマル1が一番量が少なくなる時間帯で一番脂肪が溜まりくい時間帯。つまり午後2時に昼食をとることで太りにくいといいます。
甘いものが大好きだという池谷先生、この時間帯にケーキなどのデザートも食べるそうです。

その5:お酒は好きなものを適量


お酒は適量なら、むしろ飲んだほうが血管が拡張し血流がよくなり血管にはいいという。
お酒を適量飲む人の方が脳卒中や心筋梗塞になりにくいとデータがあるといいます。
池谷先生、夕食は適量のお酒を飲んでいるそうです。

その6:夕食30分後のながら運動


夕食30分後に運動することで血糖値の上昇を抑えることができる。

長く続けるコツは、あまり頑張らないことだといいます。
無理をしない範囲内で気楽に適当に行うのがいいそうです。

スポンサードリンク