いびき予防・改善法 闘魂ストレッチ ゲンキの時間で紹介 - 健康関心事

  
スポンサードリンク

いびき予防・改善法 闘魂ストレッチ ゲンキの時間で紹介

TBSテレビ「ゲンキの時間」5月10日で、いびき予防・改善ストレッチ 闘魂ストレッチが取り上げられましたので紹介します。
解説:えんどう耳鼻咽喉科クリニック 遠藤誠先生

いびきをかきやすい人の特徴


いびきをかきやすい人には2つの特徴があるといいます。
一つ目が、いびきアゴと呼ばれるアゴの骨格がほっそりして、下アゴが後ろに引っ込んでいる形。
あまり硬いものを食べなくなった現代人に多く見られるタイプでいわゆる小顔の人。
骨格は遺伝するので親がいびきをかく人は、いびきをかく可能性は大きいといいます。
二つ目が、いびきのどと呼ばれる口を開けたとき、舌でのどの奥まで見えないタイプ。舌背型と言われる。
いびきのどは、他にも肥満によって扁桃が肥大する扁桃型がある。

なぜいびきをかくのかか?


起きている時はしっかり空気の通り道である気道が確保されていますが、睡眠に入ると、舌が垂れ下がり気道を狭め、呼吸のたびに筋肉が振動して音が生じます。これがいびきです。
つまりいびきの原因は、のどの筋肉の緩みなので、アルコールや肥満、加齢などが原因で引き起こされるといいます。
女性の場合、のどをほどよく緊張される女性ホルモンが分泌されていますが、閉経になると女性ホルモンが減少しいびきをかきやすくなるといいます。

気道の狭まりがさらにひどくなると完全に気道が塞がれる、睡眠時無呼吸症候群になるといいます。
心疾患や脳卒中を起こすリスクが高くなるといいます。
少しでも気になる方は専門医に相談するのがオススメ。

いびき予防・改善法 闘魂ストレッチ


闘魂ストレッチは、口・舌・アゴの筋肉を鍛える事でいびきを予防改善するストレッチ。
■ストレッチその1
口を大きく開けて「ア、イ、ウ、エ、オ」と発声する。
口の周りの口輪筋が鍛えられる。
■ストレッチその2
歯と唇の間を舐めるように舌をゆっくり回す。
舌の筋肉の舌筋を鍛えることができる。
■ストレッチその3
下アゴを前に突出し「元気ですか〜!」と叫ぶ。
アゴの筋肉を鍛えることができる。

スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。