糖尿病改善法 水溶性食物繊維を摂って腸内細菌バクテロイデスを増やす NHKためしてガッテン - 健康関心事

  
スポンサードリンク

糖尿病改善法 水溶性食物繊維を摂って腸内細菌バクテロイデスを増やす NHKためしてガッテン

NHKテレビ「ためしてガッテン」6月10日で、これまでにない方法による糖尿病改善法が紹介されましたのでまとめてみました。

糖尿病改善は腸内細菌バクテロイデスを増やすこと


糖尿病と言えば、主な治療法は運動、食事制限、薬ですが、今回紹介されたのはそれとは全く違うことで改善するというものでした。
それは、ある腸内細菌を増やすことによる改善法でした。腸内細菌の中には血糖値を下げる腸内細菌がいることがわかったんだそうです。その血糖値を下げる腸内細菌はバクテロイデスと呼ばれるものでこの腸内細菌が増えると血糖値が下がるといいます。
どうしてこの腸内細菌が増えると血糖値が下がるのか?
腸内には血糖値を下げるホルモンであるインスリンを出せとすい臓に命令するスイッチがあるとのこと。腸内細菌のバクテロイデスが増えることでこのスイッチも増えるんだそうです。それにより多くのインスリンが出て血糖値が下がるということでした。

腸内細菌のエサ 水溶性食物繊維


糖尿病改善には腸内細菌バクテロイデスを増やせばいいわけですが、どうしたら増やすことができるのか。最初に紹介された方法が便微生物移植による腸内細菌の移植でした。健康な人の便を水に溶かし、大腸内視鏡で大腸の奥に入れるというものです。これはちょっとやりたくないですし、この方法はまだ糖尿病の治療としては研究段階とのこと。
ではどうすれば増やすことができるのか?
腸内細菌と糖尿病との関係に詳しい慶應義塾大学医学部 伊藤裕先生によると腸内細菌にエサとしてイヌリンなどの水溶性食物繊維を与えればいいとのこと。
<やり方>
普段の食事に水溶性食物繊維を多く含む食品を一品加えること。
具体的には根菜類(イモ類以外)・きのこ類・海藻類・大麦・納豆などのネバネバ食品など

このやり方で番組の検証でも2週間で糖尿病の改善がみられました。
この方法は糖尿病になっていない人も糖尿病予防になるといいます。

さらにインスリンを出す指令は、ご飯より魚を先に食べるとより多くインスリンが出るといいます。
g_1506102040.jpg
順番が大切なんですね。
食べる順番は、野菜 → 魚などのたんぱく質 → ご飯などの炭水化物
料亭や割烹のコース料理は理にかなった食べ方だということですね。

腸内細菌といえば、最近は腸内フローラが注目を浴び、人の健康に大きく関わっていることが知られてきています。まさに今回の改善法もその一つですね。
改めて腸内細菌の重要性を知りました。
毎日ちゃんとエサを与えないといけないですね。

▼水溶性食物繊維をしっかり取りたい方はサプリで摂る方法もあります

イヌリン 500g 水溶性食物繊維 国産新製法高品質 【付属スプーン付】




●郷ひろみさんのCMでおなじみの糖を燃焼させて血糖値を下げるサプリメント
アラプラス 糖ダウン

●おいしいトクホのコーヒーで血糖値の上昇を防ぐ 15年間ロングセラー商品
フィットライフコーヒー

スポンサードリンク



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。