足 (2) - 健康関心事

  

足の診療所 日本初の足専門病院 その診察とは 足のむくみ解消法

足はむくみ、痛み、しびれなど様々なトラブルがあります。
そんな足のトラブルを解消する足専門病院「足の診療所」が
「NIKKEIプラス1をみてみよう」で取り上げられてましたので紹介します。

足専門クリニック 足の診療所


日本初の足の病気に特化した診療所。(場所:東京都港区青山5-6-24)
アメリカには足の免許を持つ足の専門医が15000人いるとのこと。
そのコンセプト、考え方が日本にまだ入ってきていないという。
そこで海外の足診療を参考にして整形外科、形成外科、血管外科、皮膚科の4つの科がある
診療所が作られたということでした。

今回、血管外科 東田隆治先生によりどんな診察を行うのか紹介。

1.フットスクリーニングチェック:足の視診・触診
  足のむくみ具合、脈、静脈瘤、足の動き、指の形などチェック
2.骨の異常の場合:レントゲン検査
  神経麻痺の疑い:モノフィラメントによる足の感覚の精密検査
  血栓の疑い:エコー検査

足の病気は、我慢したりどこの病院がわからず放置されがちに。
糖尿病による神経障害、血栓によるショック症状など
中には大きな病の兆候の場合もあるとのこと。
大きな病気になる前に足の病気の診察を早期に行うことは大切だといいます。

足のむくみ解消法


東田先生より足のむくみ解消法が紹介されました。
足のむくみは、足にたまった水分を心臓へ戻して上げるといいとのこと。
足首から太ももへ水分を押し上げるようなイメージでマッサージを
10回程行うと良いとのこと。
足の指をグー・チョキ・パーと10回程動かすことも効果が期待できるとのこと。
これは足の指の筋肉はふくらはぎの場所にあるため。
着圧ソックスも足首から押し上げるような感じになるので
太ももに押し上げるマッサージと同じ効果があるとのこと。

食べ物も塩分を取りすぎると塩分濃度が上がり水分を溜め込もうとしてむくみの原因に。
この場合、塩分排泄を促すカリウムが豊富な野菜を摂るといいとのこと。



モートン病とは 典型的な症状 足の専門医 仁木久照先生 NHKあさイチで紹介

あまり知られていない足の病気、モートン病について
NHKテレビ「あさイチ」で取り上げられましたので紹介します。

モートン病とは


モートン病は、足の隣り合う2本の指の間にある神経が歩くときに圧迫されることで
指がしびれたり痛みが出たりするもの。
モートン病は、特に40代以上の女性が注意が必要で、
悪化してしまうと足も付けることができないほど激痛が走るといいます。
なぜ発症するのかは解明されていないそうです。
悪化すると指の間の腫れ上がった神経を手術で取り除くしかないそうで、
100%元に戻ることはないということでした。
そのため早期発見が何より大切だといいます。
ただあまり知られていない足の病気なので、整形外科を受診しても、
見逃されるケースもあるといいます。
男性になることもあるが女性に圧倒的に多い病気だということでした。

典型的な症状


足の専門医 聖マリアンナ医科大学整形外科医仁木久照先生によると
典型的な症状は、踏み返しの時に足の裏に痛みが出るというもの。
踏み返しとは、地面を蹴り上げかかとが上がった状態のこと。
この時に鋭い痛みがあるといいます。
きつめの靴を履くと足がしびれてくる、痛みが出るのも特徴で
ハイヒールなど先の尖った靴を履いても痛みがでやすいとのこと。
中には脳天が響くような痛みがでる人もいるそうです。
痛みが出る場所が限らており、指の間、指の付け根の一点に集中した痛みで
足全体がしびれる方は、モートン病を疑わなくもいいようです。

一ヶ月以上しびれる場合は、専門医に診てもらったほうがいいとのこと。
モートン病に関しては足の専門の整形外科を受診して下さいとのこと。
足の専門医かどうははホームページで調べるか、事前に病院に電話して
確認してくださいということでした。

足の外科学会の病院情報です。
http://www.jssf.jp/general/hospital/index.html

▼モートン病対策グッズ

インソールプロモートン病対策 M(23-23.5cm)




外反母趾 靴選びと予防運動 NHK

足のトラブルでよくあげられのが外反母趾です。
重度になると手術も必要な大変な状態にもなるといいます。
その外反母趾の予防法がNHK「きょうの健康」で取り上げられました。

外反母趾は、女性に圧倒的に多い病気です。
外反母趾になりやすい原因は体質と靴にあるということでした。
<体質>
・足の幅が広い ・へん平足
・関節が柔らかい ・親指が長い
親指が長いというのはエジプト型と呼ばれ、親指が隣の2番目の指より長いというもの。
<靴>
・足に合わない ・先が細い ・ハイヒール
中には、靴の影響なしで体質だけで外反母趾になる方もいるということでした。

<靴選び>
足先が先端に行かないようヒモ靴でしばれるもの。
足の先端部分は尖っていないで四角いもので先端に隙間があるもの。
ヒールは5cm以内
サイズはきつすぎず、ゆるすぎず。材質は柔らかめ。
やはり靴選びは重要のようですが、サイズ選びは難しいですね。
すでに外反母趾で痛みが出ている方には、シューストレッチャーで膨らみを持たせ
れば軽減される。大手靴屋さんでは、加工してくれるとのこと。

外反母趾予防運動


■その1
足の指をグーからパーにして5秒キープする。
これを20回繰り返す。1日2〜3セット行う。
■その2
手で足の親指と隣の指を手で持って数秒広げる。
これを繰り返す。1回5分。1日2〜3セット行う

軽度から中程度の外反母趾の場合、この予防運動で形や痛みが改善し進行予防にもなる。

外反母趾専門の整形外科でオーダーメイドで中敷を作り、外反母趾を治療する方法がある。
オーダーメイドなので高くなるが保険適用になっているのである程度費用は抑えられるという。
やはり早めの受診がよく病院は足の外科学会を参考してくだいとのことでした。
https://www.jssf.jp/

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。