目 - 健康関心事

  

白内障の進行予防 目薬(点眼薬)・マルチビタミン ためしてガッテン

NHKテレビ「ためしてガッテン」8月5日で、白内障について放送されましたのでまとめてみました。

初期の白内障は進行を止められる?


白内障と聞くと、老化現象の一つで年を取ると出てくる病気で、ゆくゆくは手術が必要な病気だと思っていました。現に80歳以上では、程度の差こそあれ、ほぼ100パーセント白内障になっていると言われています。そんな白内障ですが、初期の段階なら進行を遅らせるか、または、あわよくば止められる方法が分かったそうです。今回、ガッテンではその方法が紹介されました。

初期の白内障の見分け方


まずは、初期の白内障の見分け方です。実は、白内障は初期の段階ではほとんど自覚症状がないそうです。番組でも、自分は白内障ではないと思っているシニアの方20人を診断したところ13人の方が軽度の白内障であることが分かりました。これからも分かるように白内障は、初期段階では自分ではなかなか自覚できないようです。分かりにくいものですが、いくつか見分ける方法がありました。白内障には2つのタイプがあるようでそれぞれ症状が違います。タイプ別の見分け方です。

トゲトゲ型の白内障の見分け方


e_1508052016_004.jpg
※この写真は、特殊な光を当てて見たもので肉眼ではみれないそうです。
黒目の外側からトゲトゲの線が現れるタイプです。このタイプの白内障は、薄暗くなるとものが2重に見える特徴があります。なぜ暗くなるとそうなるかというと、瞳孔が開くためで、開くことで今まで見えなかったトゲトゲが見えるためでした。濁ったトゲのせいで光の屈折がズレて2重に見えるということでした。
見分ける方法としては月を見てみるのがいいそうです。視力を矯正した状態で片目ずつ、月を見て、2重、3重に見えたら初期の白内障の疑いがあるということです。

色めがね型の白内障の見分け方


e_1508052027_000.jpg
レンズの中にもう一つレンズができるタイプです。こちらは、トゲトゲ型よりも悪化するスピードは速いといいます。このタイプの白内障の初期症状としては、老眼だったのに、メガネをかけなくても近くが見えるようになるという老眼が治ったような症状がでるということです。これはどういうことかというと、レンズの中にもう一つ小さなたんぱく質が変性したレンズのようなものができるため屈折率が変わります。これにより近くのものが見えるようになるということです。老眼だったのに近くのものが見えるようになったら初期の白内障の疑いがあるということです。一見、近くが見えていいように見えますが、進行することでレンズの色が変わり、次第に見えにくくなるそうです。また、こちらのタイプでも物が2重、3重に見えるケースがあるとのこと。

初期の白内障の進行予防法


初期の白内障が見つかった場合の対処法です。これによって白内障の進行が遅らせることが出来るという方法です。白内障には2つのタイプがありましたが、対処法もそれぞれ異なります。

トゲトゲ型の白内障の場合


予防法としては、白内障の進行を抑える目薬(点眼薬)をさすということでした。この目薬は、新しいものではなく30年も前からあるものです。な〜んだと思ってしまいますが、ここ最近になって、この有効性が再認識され、トゲトゲ型のタイプでは進行を50%抑えることが分かったそうです。初期の白内障の人にとっては、とても有効な薬だということです。ただし、手術が必要な状態になった場合は、全然効果はないとのこと。

色めがね型の白内障の場合


予防法としては、バランスのいい食事でいろいろなビタミンを1日の必要量を摂ることでした。ちょっと難しいですが、市販のマルチビタミンのサプリメントを飲めばいいとのこと。これにより進行を30%抑える効果は期待できるそうです。こちらは、あまり抑えることができない感じですね。

また、目の紫外線予防も白内障を予防することでは有効だということでした。

白内障の初期症状の疑いがあった場合、一度眼科で診てもらうと良いということです。
もし初期の白内障の場合は、進行を遅らせることが可能だということです。

ただ、進行を遅らせて一生手術が必要でなければいいのですが、遅らせることで高齢になってから手術が必要になるなら、早いうちに手術しておいた方がとも思ったりもします。

●テレビCMでおなじみのやわたから販売されているこだわりのマルチビタミンです。
→ 体にうれしいマルチビタミン【初回特別価格で提供中!】


ドライアイの原因の8割はマイボーム腺機能不全 最新治療Lipi Flow(リピフロー)南青山アイクリニック スゴ腕の専門外来

ドライアイ治療の最新マシンが南青山アイクリニック(東京・港区)にあるといいます。
TBS「スゴ腕の専門外来SP5」1月8日で紹介されました。

ドライアイの原因の8割はマイボーム腺機能不全


南青山アイクリニック 副院長 井手武先生によるとドライアイの原因の8割は、
マイボーム腺機能不全だといいます。
マイボーム腺機能不全とは、マイボーム腺と呼ばれるまつ毛の縁にある皮脂腺の油の
質が悪化して固形状になったり、穴がつまって油が出ない状態になってしまう状態のこと。
こうなると、涙の層の上に油層の膜が上手くはることができずに涙が蒸発しやすくなって
ドライアイを引き起こすといいます。
ドライアイかどうかはBUT検査と呼ばれる目の乾きの秒数を調べる検査でわかるそうです。

マイボーム腺機能不全になる原因は何か?
原因の一つはパソコンやスマホなどをじっと見つめることで
まばたきの回数が減ることによるもの。
まばたきが浅い場合もマイボーム腺にきちんと圧力がかからないために
なることがあるといいます。他にもメイクでマイボーム腺を塞ぐケースも。

最新治療マシンLipi Flow(リピフロー)


Lipi Flow(リピフロー)は、マイボーム腺機能不全によるドライアイの最新治療マシン。
治療は、器具を目に装着してまぶたを内側から温め、マイボーム腺の固まった油を溶かし、
外側からはマイボーム腺に圧力をかけ、まぶたの油を押し出すというもの。
治療時間12分。治療費¥6万5000/片目(保険適用外)
効果はすぐに出ることはなく1ヶ月後から出て半年〜1年効果が持続するそうです。
かなりお高めですね。

ドライアイの予防


ホットアイマスクなどで目を温めたり普段からまばたきをしっかりすること。

加齢が原因のドライアイ 結膜弛緩症


ドライアイのもう一つの原因に加齢によるものがあるといいます。
症状は、涙目なのにドライアイだというもの。
これはどういうことかというと、病名は結膜弛緩症と呼ばれるもので、
主に加齢が原因で白目の結膜にシワが出来るというもの。
シワによって涙がたまらず、全体に行き渡らないで外へ溢れ出します。
このため涙目なのに目が乾くという症状が起きるということです。
さらにシワによって瞬きするたびに異物感を感じたり、結膜下出血を起こしたりする
ようになるといいます。

結膜弛緩症の治療法


まずは点眼薬や軟膏薬での治療を行う。
改善が見られない場合は、手術によってシワを物理的に取り除くといいます。
手術は15分程度で日帰り手術が可能。保険が適用されるそうです。

●テレビCMでおなじみファンケルの目のサプリ「えんきん」日本初!目の機能性表示食品
えんきん お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!


ビジョントレーニング方法 眼瞼下垂症は目のこすりすぎが原因 ゲンキの時間

TBSテレビ「ゲンキの時間」で目に関する事としてビジョントレーニング、眼瞼下垂について
取り上げられましたので紹介します。

ビジョントレーニングで眼精疲労改善効果


ビジョントレーニングを教えてくれるのは飯田覚士ボクシング塾「ボックスファイ」(東京都中野区)の
元ボクシング世界チャンピオン飯田覚士さん。
ビジョントレーニングとは目で見たものを上手に頭で判断して身体を動かしていくトレーニング。
これにより集中力や運動神経を高めたりする効果があるが、
目の筋肉を動かすことで疲れにくくなり眼精疲労にも効果があるといいます。

ビジョントレーニング方法 その1


右手の親指を立て、顔は動かさずに指先を見ながら横向きに8の字を描く。
8秒間で1周×2回
次に反対周り×2回

ビジョントレーニング方法 その2


右手の親指を立て、親指の先を見つめながら8秒間で近づけて8秒間で遠ざけてゆく。

寝起きや集中したい時、目が疲れた時に行うと効果的。

眼瞼下垂症とは


挙筋腱膜と瞼板が緩むことでまぶたがたれる病気。
原因は老化や目のこすりすぎ。

眼瞼下垂のチェック


病院で行うチェック方法。
(1) 舌を出した状態で1〜3gの重りをまぶたに乗せる。
(2) まぶたをテープで固定する。

眼瞼下垂症の人は、奥歯を噛み締めて目を開けることが多いので、舌には歯型の跡が
付くことがあるといいます。
目を開けることに無意識に頑張っているので、おでこの緊張が全体の痛みとなり
頭痛、肩こりを引き起こすといいます。
他にも不眠症や自律神経失調症を引き起こすケースもあるといいます。

まぶたが上がりづらくなるので上の視野も見にくくなる傾向があり、
そうするとアゴを上げて補おうとして下の視野が見にくくなることがあるといいます。
つまづいて転倒する危険が出てくるといいます。

眼瞼下垂症の予防法としてはまぶたをこすらないことが大切だといいます。
一旦緩むと元には戻らず治療法としては手術のみだということでした。
手術は緩んだ挙筋腱膜と瞼板を縫い合わせるというもの。
費用は約¥50000(保険適用3割負担の場合)
術後、コンタクトレンズを使用する人や目をよくこする人は再発しやすいといいます。
また肺がんで神経が侵されたり、脳梗塞で眼瞼下垂症になることがあるといいます。

●テレビCMでおなじみファンケルのスマホ老眼の方へのサプリ「スマホえんきん」
【ファンケル】パソコン・スマホで駆使した目に!スマホえんきん