腰痛 - 健康関心事

  

腰痛改善体操 腰トレのやり方 タオル1枚1日1分で腰痛が改善 富永喜代先生 金スマで紹介

TBS中居正広の金曜日のスマたちへ(金スマ)1月23日で腰痛をバスタオル1枚で
1日たった1分の体操で改善させる方法が取り上げられましたので紹介します。

腰痛を改善させる体操は、腰トレと呼ばれるもので
富永ペインクリニック院長 富永喜代先生考案の体操です。
痛みの専門医である富永先生のクリニック(愛媛県松山市)は連日超満員だといいます。
富永先生といえば以前、金スマで肩こり解消体操のこりトレを紹介した先生で、
大反響により本は10万部を越える大ヒットなった方です。
今回はその第二弾ということです。今回も本が売れそうですね。

腰痛改善体操 腰トレ


富永先生によると腰痛の原因は筋肉骨格性、神経性、ストレス性の3つだといいます。
痛くなる部分は、腰の上部、真ん中、お尻に近い下部が痛い3タイプ。
腰の真ん中が痛くなる人が全体の半分なんだそうです。
痛くなるタイプ別の1分間体操のやり方です。

体操1:腰の真ん中が痛くなる人向け


(1) バスタオルを小さく折りたたみ尾てい骨の上あたりにベルトなどを使って固定する。
(2) そのまま仰向けに寝て両腕を真横に広げる。
(3) 腰を左右に2秒ずつ1分間(15回)ひねる。
ひねった時に肩をあげると効果が減少するのできちんと床に付けたまま腰だけを動かす。
タオルを当てることで、腰を正常なS字状に戻し、腰を振ることで血流を良くするというもの。
これだけで腰周りの筋肉が柔らかくなり腰痛が改善されるという。
腰トレ最大のポイントがこの体操は気持ちいいということ。
腰痛にはこれが重要で、気持いい感覚はストレス性の腰痛にも効果を
発揮するんだそうです。腰痛の原因の85%が原因不明と言われ、
この中にはストレス性の腰痛も多いといわれています。

体操2:腰の下が痛くなる人向け


(1) バスタオルを小さく折りたたみ尾てい骨の上あたりにベルトなどを使って固定する。
(2) そのまま仰向けに寝る。
(3) 片足を上げて両手で太ももの裏側を持ち胸元に引き寄せて1、2と数える。
(4) 引き寄せた足のひざを伸ばして足を上げて痛くなる前で止め3、4と数える。
(3) 1、2と数えながらひざ下を下ろし、3、4と数えて足を下ろす。
左右5回ずつ行う。つま先は、伸ばさない状態で行うことがポイント。
この体操によりお尻の筋肉がほぐれて腰痛が改善される。
この体操は、朝起きる前に行えばぎっくり腰予防にもなる。

体操3:腰の上が痛くなる人向け


(1) バスタオルを縦長にたたみ背骨を沿わせるようにあてベルトで固定する。
(2) そのまま仰向けに寝て、両腕を真横に広げる。
(3) 鼻から息を吸って、口から息を吐きながら両手を天井に向かって高く上げて
  手のひらを合わせ肩も床から上げる。
(4) 息を吸って、息を吐きながら肩を床に下ろす。
(5) 再び息を吸って、息を吐きながら両手を真横に広げた元の状態に戻す。
  これを5〜6回(1分間)繰り返す
腰の上が痛くなる人は、猫背などにより背骨周りの筋肉が伸びてしまったことが原因。
この体操で背骨周りの筋肉がほぐてれ腰痛が改善される。

※腰痛の方や、体調に異常がある方は、必ずかかりつけの医師に相談の上
行ってください。
腰痛のない人もこれらの体操行うことで予防につながるといいます。

今回、腰痛で悩む経済評論家 勝間雅代さん、俳優 中村昌也さん、小説家 室井佑月さん
3人とも、この体操で検査の結果、腰の筋肉が柔らかくなり効果がでました。

第3の腰痛 コンパートメント症候群予防改善法 パピーポジションのやり方 大谷晃司先生 たけしのみんなの家庭の医学1月13日

腰痛の改善法には様々な方法があります。
今回、テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」自宅で予防改善SP(1月13日)で
名医による2大腰痛の改善法と最新医学で分かった第3の腰痛の改善法が紹介されました。
解説:福島県立医科大学 医学部整形外科学講座教授 大谷晃司先生
   福島県立医科大学 会津医療センター特任教授 伊藤俊一先生
腰痛は原因を見極めることができれば90%は自分で治すことができるといいます。
youtu.gif

第3の腰痛:コンパートメント症候群とは


腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など原因が特定できる腰痛は全体の15%で、
残りの85%は原因不明の腰痛だといわれます。
その原因不明の腰痛の40%が第3の腰痛だということが分かってきたといいます。
それがコンパートメント症候群と呼ばれるもの。
コンパートメント症候群は、腰の内側にある2つの筋肉、多裂筋と脊柱起立筋の筋肉の
衰えが原因で引き起こされる腰痛。
この筋肉が衰えると上半身が前に傾き筋肉は常に引っ張られ、その結果血流が悪くなり
筋肉内に発痛物質が出て腰痛が起こるといいます。
症状の特徴としては、
(1) 長時間立ち仕事をすると腰が重だるくなる。
(2) 背筋を伸ばすと痛みが和らぐ。
コンパートメント症候群の原因は主に加齢だということでした。

コンパートメント症候群の予防改善法のやり方


(1) 背もたれのある椅子に座る。
(2) 大きめのタオルを太ももに巻き両ももの上で交差させ手でしっかり持つ。
(3) 息を吸いながら背中で背もたれを後ろに押す。
(4) 両足を開いていくと同時にタオルで開かないように負荷をかける。
(5) この状態を3〜5秒キープ。
(6) ゆっくり息を吐きながら元の姿勢に戻す。
10回を1セットとして1日2セット行う。
2つの筋肉、多裂筋と脊柱起立筋が鍛えられる。

女優藤田弓子さんも最近は腰痛に悩まされるということで検査の結果、
初期のコンパートメント症候群と診断されました。
そこでコンパートメント症候群の予防改善法をおこ2週間行ってもらったところ、
腰痛が改善が実感できたということでした。

腰部椎間板ヘルニアの改善法


腰部椎間板ヘルニアの特徴は、前かがみになると痛む腰痛。
椎間板の中心部にあるゲル状の組織である髄核は左右どちらかに飛び出すことが
多いので片足だけ痛みが出ることが多いといいます。
椎間板ヘルニアには、赤ちゃんのハイハイのようなパピーポジションが有効で
飛び出した髄核を戻す効果が期待できるというもの。
以前番組で芸能人 梅沢富美男さんもこの方法で30年近く悩まされていた腰痛が
2週間で改善したといいます。

パピーポジションのやり方


(1) うつぶせに寝る。
(2) 息を吐きながら両腕が垂直になるよう上半身を起こす。
1日2回1〜3分間続ける。
※痛みが出る場合は止める。


腰部脊柱管狭窄症の改善法


腰部脊柱管狭窄症は脊柱管が何からの原因で狭くなり神経が圧迫され痛みが出る腰痛。
特徴は、体を後ろに反らすと腰が痛み両足がしびれ、
前屈みになると症状が治まるというもの。
腰部脊柱管狭窄症は、ストレッチによって改善できるといいます。

椅子に座って行うストレッチのやり方


(1) 椅子に浅く腰掛け足を肩幅に開く。
(2) 息を吐きながら両手で脚の甲を掴めるまで上半身をゆっくり倒す。
(3) この状態で5秒間キープする。
  背骨周りの筋肉や関節包が伸ばされる。
(4) 息を吐きながらゆっくり起き上がり両腕を高い位置で後ろに引く。
(5) この状態で5秒間キープする。
  この時腰は反らさず胸を突き出すイメージ。
(5) 元の姿勢に戻す。
1セット5〜10回を1日朝・夜2セット行うと効果的。
※痛みが出る場合は止める。

●腰・肩・ひざの痛みに飲んで効く!医薬品として効果・効能が認められた富山の薬♪
富山常備薬のリョウシンJV錠 【初回限定価格】でお試しいただけます

腰痛は太ももの硬さが原因 太ももストレッチで腰痛改善 福島一雅先生 モーニングバードで紹介

テレビ朝日「モーニングバード」の石原良純さんのアカデミヨシズミのコーナーで、
何度も取り上げられている腰痛ですが、今回は太ももが原因の腰痛が紹介されました。
教えてくれるのがライズシティクリニック 福島一雅先生です。

太ももの硬さが原因の腰痛


福島先生によると、腰痛の原因の一つとして太ももの硬さが注目されているそうです。
これはどういうことかというと、太ももの筋肉が硬くなると、股関節が伸びなくなり
まっすぐにならず前屈みになる。前屈みを直そうとすると背中が反る。
そうすると腰に負担がかかり腰痛になるというもの。
では、なぜ太ももが硬くなるのか?
筋肉が伸びていない状態が続くと筋肉は縮んだままになり固まってしまい
硬くなるといいます。太ももが縮んだ状態というのは座った姿勢の状態の時で
座った姿勢を長時間続ける生活をすると太ももが硬くなるそうです。
さらに冬は寒さによって筋肉は硬直し、加齢によっても次第に硬くなるといいます。

太ももの硬さをみる方法


<病院>
太ももの硬さは、エラストグラフィという機器によって画像解析することで
みることができる。
<自宅>
(1) 真っすぐ横向きに寝る。
(2) 上側の足のヒザを曲げて手で足首をつかみ、お尻につける。
  この時、腰を反らないでお腹をへこませて行う。
  体幹から太ももまで一直線になったら太ももは硬くなく問題なし。
  一直線にならない人は、太ももが硬い疑いがあり。

太ももをほぐす方法


<病院>
最新治療としてライズトロンという超短波治療器の超短波でほぐす治療がある。
従来の低周波に比べ超短波は、筋肉の深部まで届き筋肉細胞が振動し凝りがほぐれる。
超短波治療器は全国に300台ほど。

<自宅>
太ももの筋肉をほぐすには太ももストレッチが有効。
ストレッチのやり方は、太ももの硬さをみる方法と同じ要領。
(1) 真っすぐ横向きに寝る。
(2) 上側の足のヒザを曲げて手で足首をつかみ、お尻につけるように30秒間キープ。
同様に反対側も行う。1日1回左右行う。
先ほどと同様に腰が反らないうように行うのがポイント。
ストレッチにより太ももが柔らかくなり腰痛が改善される。
とにかく毎日継続することが大事だということでした。