高血糖 - 健康関心事

  

糖尿病改善法 水溶性食物繊維を摂って腸内細菌バクテロイデスを増やす NHKためしてガッテン

NHKテレビ「ためしてガッテン」6月10日で、これまでにない方法による糖尿病改善法が紹介されましたのでまとめてみました。

糖尿病改善は腸内細菌バクテロイデスを増やすこと


糖尿病と言えば、主な治療法は運動、食事制限、薬ですが、今回紹介されたのはそれとは全く違うことで改善するというものでした。
それは、ある腸内細菌を増やすことによる改善法でした。腸内細菌の中には血糖値を下げる腸内細菌がいることがわかったんだそうです。その血糖値を下げる腸内細菌はバクテロイデスと呼ばれるものでこの腸内細菌が増えると血糖値が下がるといいます。
どうしてこの腸内細菌が増えると血糖値が下がるのか?
腸内には血糖値を下げるホルモンであるインスリンを出せとすい臓に命令するスイッチがあるとのこと。腸内細菌のバクテロイデスが増えることでこのスイッチも増えるんだそうです。それにより多くのインスリンが出て血糖値が下がるということでした。

腸内細菌のエサ 水溶性食物繊維


糖尿病改善には腸内細菌バクテロイデスを増やせばいいわけですが、どうしたら増やすことができるのか。最初に紹介された方法が便微生物移植による腸内細菌の移植でした。健康な人の便を水に溶かし、大腸内視鏡で大腸の奥に入れるというものです。これはちょっとやりたくないですし、この方法はまだ糖尿病の治療としては研究段階とのこと。
ではどうすれば増やすことができるのか?
腸内細菌と糖尿病との関係に詳しい慶應義塾大学医学部 伊藤裕先生によると腸内細菌にエサとしてイヌリンなどの水溶性食物繊維を与えればいいとのこと。
<やり方>
普段の食事に水溶性食物繊維を多く含む食品を一品加えること。
具体的には根菜類(イモ類以外)・きのこ類・海藻類・大麦・納豆などのネバネバ食品など

このやり方で番組の検証でも2週間で糖尿病の改善がみられました。
この方法は糖尿病になっていない人も糖尿病予防になるといいます。

さらにインスリンを出す指令は、ご飯より魚を先に食べるとより多くインスリンが出るといいます。
g_1506102040.jpg
順番が大切なんですね。
食べる順番は、野菜 → 魚などのたんぱく質 → ご飯などの炭水化物
料亭や割烹のコース料理は理にかなった食べ方だということですね。

腸内細菌といえば、最近は腸内フローラが注目を浴び、人の健康に大きく関わっていることが知られてきています。まさに今回の改善法もその一つですね。
改めて腸内細菌の重要性を知りました。
毎日ちゃんとエサを与えないといけないですね。

▼水溶性食物繊維をしっかり取りたい方はサプリで摂る方法もあります

イヌリン 500g 水溶性食物繊維 国産新製法高品質 【付属スプーン付】




●郷ひろみさんのCMでおなじみの糖を燃焼させて血糖値を下げるサプリメント
アラプラス 糖ダウン

●おいしいトクホのコーヒーで血糖値の上昇を防ぐ 15年間ロングセラー商品
フィットライフコーヒー

朝食効果 セカンドミール効果も期待 たけしのみんなの家庭の医学

朝食は摂ったほうがいいという人もいれば摂らなくていいという人もいて
専門家の間でも意見が分かれたりします。
そんな朝食ですが朝食効果と呼ばれるもので血管を若くすることができる方法が
テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」11月18日で取り上げられました。

朝食効果


血管を若く保つことが期待できる朝食効果を生むにはポイントは2点ありました。

1.必ず朝食を摂ること


なぜ、必ず朝食を摂ることがいいのか。これは食事と食事の間隔の長さがポイントでした。
朝食を朝7時摂り、昼食を12時に摂れば、食事の間隔は5時間です。
朝食を摂らないで前日の夕食を夜7時に摂った場合、昼食を12時に摂れば、
食事の間隔は17時間です。
これだけ間隔があくと体は飢餓に近い状態になり多くの栄養をとろうとします。
いつもよりも大量の糖分を吸収しようとするので、血液中は糖分でいっぱいになります。
血糖値は食事をすると上がるものですが基準値以上に高くなります。
こうなると糖分を処理するためすい臓から大量にインスリンを分泌させなくてならなくなります。
これを毎回繰り返すことですい臓が疲弊し、しまいには
インスリンが分泌できなくなるといいます。
そうなると血液中に糖が溢れ、最終的には糖尿病を発症してしまうと考えられます。
つまり、食事の間隔をあけ過ぎると、血糖値が上がり過ぎる状態になりやすいので
朝食を必ず摂ることが必要だということでした。

2.朝食時、野菜から食べると昼食時の血糖値の上昇も抑える


朝食は野菜から食べることで野菜に含まれる食物繊維によって、
朝食後だけでなく昼食後も血糖値の上昇を抑えてくれるといいます。
これは医学的にはセカンドミール効果と呼ばれるものです。
なぜ食物繊維が血糖値の上昇を抑えてくれるのか?
糖分は小腸で吸収され、血糖値が上がりますが、野菜を先に食べると
食物繊維が最初に小腸に来ます。食物繊維は吸収されにくいもので残ります。
そこにあとから糖分が来ると食物繊維と絡み、吸収されにくくなり、
小腸の奥でようやく吸収されるようになります。
朝に摂った食物繊維は、昼食時もまだ小腸に残っているものがありますので、
昼食も同様に吸収されにくいので血糖値の上昇が抑えられるということです。

番組の検証では野菜はどんな野菜でも少し食べれば昼食まで血糖値を抑える効果が
確認できました。

最近は、食べる順番がよく言われますが、
野菜を最初に食べるのは、やはり身体にとてもいいことなんですね。
昼まで効果があるというのもうれしいですね。

●郷ひろみさんのCMでおなじみの糖を燃焼させて血糖値を下げるサプリメント
アラプラス 糖ダウン

●おいしいトクホのコーヒーで血糖値の上昇を防ぐ 15年間ロングセラー商品
フィットライフコーヒー

血糖値を下げる食べ物 豆乳 酢の物 豚肉 レジスタントスターチ 隠れ高血糖1,5AG測定

高血糖になると、糖尿病、腎不全、脳卒中、失明、心筋梗塞、神経障害など
様々な病気のリスクが高くなるといいます。
TBS「駆け込みドクター!運命を変える健康診断!」で高血糖に防ぐ様々な方法
や隠れ高血糖が取り上げられましたので紹介します。

血糖値を下げる食事


血糖値を下げるには食事から糖質の量をコントロールするのがよく
それが高血糖を防ぐ方法だということでした。

食事前のコップ半分の豆乳


豆乳や乳製品などタンパク質や脂肪分が多いものは、糖の働きを緩やかにする働きがある
ので、血糖値の上昇を緩やかにすることできるといいます。
特に豆乳は糖分が少なく最適。
飲むだけでなく、料理の隠し味に使うことも効果が期待。
飲みやすい調整豆乳は砂糖が入っているので、コップ半分が目安。

1日1品酢の物


酢の酢酸、クエン酸は血糖値の上昇を抑える。
1日の摂取目安は大さじ1杯。酢の物や料理などにかけていただく。
そのまま飲むと粘膜を傷つけるので料理に加えるのがオススメ。
クエン酸を含むレモンや梅干しなども同様の効果が期待。

ビタミンB1が豊富な豚肉を摂る


糖を使うにはビタミンB1が有効。
ビタミンB1は血液中の糖を細胞に行き渡らせる。
ビタミンB1は肉に多く含まれ特に豚肉に多く含まれる。
さらにビタミンB1の代謝を高めるにはネギ、ニンニクなどの薬味成分が有効。
豚のショウガ焼きなどの炒める、焼くがオススメ。

レジスタントスターチ


レジスタントスターチは、デンプンを加熱したあと冷ました時に生まれるもので、
食物繊維のような働きをする。
胃や腸で分解されにくく糖の消化が遅くなるため血糖値の急激な上昇を防ぐことができる。
冷めたご飯、ざるそば、つけ麺、冷や汁などが効果的。

ご飯の量を知る


どれだけご飯があるのが視覚で知ることが大事。
茶碗1杯の量は、丼、カレー、すし、弁当などではどれだけの量になるのか知る。
また小さめの茶碗、ふんわりよそうことで多くみえる効果があるので利用するとよい。

脂肪筋を減らすことが大切


脂肪筋とは運動不足などで筋肉細胞の中に脂肪がたまること。
脂肪筋はインスリンの働きを低下させ、高血糖を招く。
日常生活で立っている時間を増やすだけでも脂肪筋を減らすことに効果的。

高血糖を防ぐながら筋トレ


(1) 背もたれのある椅子に左手をかけ背筋を伸ばす。
(2) 右のおしりに力入れて右足を後ろにゆっくり3秒かけて上げる。
(3) そのまま1秒キープしてゆっくり3秒かけて戻す。
左右10回、1日2セット行う。

隠れ高血糖


隠れ高血糖は、一般の血液検査で血糖値が正常と言われれも、実は高血糖であるという人で
食後、急激に血糖値が上がる人。
通常の血液検査は空腹時に行うため、隠れ高血糖は見つかりづらいといいます。
隠れ高血糖は、食後急激に血糖値が上がるのですい臓もダメージを受けやすく
動脈硬化や合併症を起こしやすい。

1,5AGの測定


隠れ高血糖を見分ける指標に1,5AGがある。
1,5AGは、血液中に含まれる物質で高血糖になるとブドウ糖と共に尿の中に排出される。
そのため血液中の1,5AGが少ないと高血糖になっていることが分かるというもの。
1,5AGは、1回の食事に左右されにくいので隠れ高血糖は見つけることができる。

●郷ひろみさんのCMでおなじみの糖を燃焼させて血糖値を下げるサプリメント
アラプラス 糖ダウン

●おいしいトクホのコーヒーで血糖値の上昇を防ぐ 15年間ロングセラー商品
フィットライフコーヒー