低血糖 - 健康関心事

  

低血糖 糖質の過剰摂取や過度のダイエットが原因に 予防は規則正しい食事と食べる順番

低血糖で意識を失い交通事故を起こすということがありましたが、
この低血糖、インスリン投与ではなくても起こすことがあるといいます。
フジテレビ「ノンストップ!」で、取り上げられましたので紹介します。
教えてくれるのがマリヤ・クリニック 院長 柏崎良子先生です。

低血糖


低血糖は、普通の人にも起こることがあり、誰にも起こりうるものだといいます。
通常、食事をすると血糖値が上がり、その後インスリンの働きによって
緩やかに下がり正常値に戻ります。
それが低血糖になると、血糖値が上がった後、血糖値が下がり続け60以下
になるというもの。
一回だけの血糖値やヘモグロビンA1cを見ても分からないこともあり、
病院では異常なしという結果になることもあるといいます。

低血糖の症状


低血糖になると疲労感、眠気、頭痛、動悸などの症状が出るといいます。
血糖値の数値による症状
50:疲労感・頭痛・動悸など
40:ふらつき・手の震えなど
30以下:意識喪失・けいれんなど

低血糖の原因


低血糖の大きな原因は食生活にあるといいます。
ケース1:糖質の過剰摂取。
ケース2:糖質の空腹時に摂取。
どちらも血糖値が急上昇するというもの。
こうなるとインスリンの分泌も増え、血糖値が乱高下を繰り返すことで
すい臓に負担がかかりすい臓が正常に働くなくなり低血糖を招くといいます。

ダイエットも短期間なら問題ないが、長期間になると、エネルギーを使い尽くして
しまい、エネルギーを補うことができないと低血糖を起こす事があるといいます。
ゲストの磯野貴理子さんも以前低血糖で救急車で運ばれたことがあるそうで、
その時、無理なダイエットをしていた時だということでした。

他にもカフェイン・アルコール・たばこやストレス・遺伝によっても
低血糖を招くことがあるといいます。

低血糖の予防


その1:規則正しく食事を摂ること
1.食事の間は6時間ぐらい
2.間食する場合は食後3時間ぐらいに
規則正しい食事により血糖値の乱高下が防げる。
空腹になりきる前に食事をとったほうが内蔵に負担がかからない。
間食は、牛乳・ピーナッツ・ちくわ・バナナなどがオススメ。

その2:食べる順番が大事
1.食物繊維(野菜)→2.タンパク質(肉・魚)→3.炭水化物(ごはん)
血糖値の急上昇を防ぎ、血糖値を緩やかにさせることができる。