冷え症 - 健康関心事

  

冷え症改善入浴法 小林弘幸先生 塩化物泉 前田眞治先生 たけしのみんなの家庭の医学1月27日

多くの女性を悩ます冷え症ですが、原因の一つに冷え症を悪化させる入浴があるといいます。
テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」冷え症徹底改善法SP(1月27日)で
その冷え症を悪化させる入浴とはどんなものか
そして冷え症を改善させる入浴法が紹介されました。
解説:順天堂大学医学部附属 順天堂病院 小林弘幸先生
   国際医療福祉大学 前田眞治先生

冷え症を悪化させる入浴とは


小林先生によると、冷え症を悪化させるさせる原因の一つに入浴があるといいます。
その悪化させる入浴の仕方が高い温度長い入浴時間
これにより自律神経が悪化させてしまい、自律神経が悪化すると血流が悪くなり、
その結果、冷え症も悪化するといいます。
人は血管の拡張と収縮で体温調整を行っており、それを司っているのが自律神経です。
熱いお湯に長風呂すると交感神経が優位になり血管が収縮、末端の血流が悪くなり、
冷え症が悪化する結果に。また熱いお湯に長風呂すると自律神経が乱れ、
一旦乱れた自律神経はなかなか元に戻らなく、冷え症を悪化させるといいます。

冷え症改善入浴法


nyuyokuhou.gif
小林先生オススメの自律神経を整える冷え症改善入浴法です。
1.温度は39〜40度
2.時間は全身浴1:半身浴2

  例えば全身浴が5分、半身浴10分がオススメ。
自律神経は温度差に弱いのでかけ湯をするのが良い。
全身浴では首までつかり温めると良い、これは自律神経のセンサーが首にあるため。
全身浴から半身浴をすることで自律神経が乱れず冷えにくい。
※決して15分がベストではなく、個人差があるので、心地よく感じる入浴時間が大切。

塩化物泉で冷え症改善


温泉のスペシャリスト 前田眞治先生のよると冷え症改善にオススメの温泉が塩化物泉。
塩化物泉とは塩分を多く含む温泉。塩化物泉は身体に熱が伝わりやすくすぐに温まる特徴がある。
塩分濃度が高いほど体は温まり、冷え症改善に効果が期待できる。
さらに塩分が皮膚表面で結晶化して身体をコーティングし保温効果が長続きする。
塩化物泉に1週間入り続けることで冷え症の改善効果が得られるとのこと。

塩化物泉:塩分濃度が高い温泉ランキング ベスト5


塩分濃度が高い温泉ランキングです。
1位:有馬温泉(兵庫県)
5位:黄金崎不老ふ死温泉(青森県)
5位:浜名湖かんさんじ温泉(静岡県)
4位:和倉温泉(石川県)
5位:白浜温泉(和歌山県)

1週間ずっと温泉というのはなかなか難しいもの。
近所の塩化物泉として今回紹介されたのがロテン・ガーデン(東京町田市)でした。
こちらは、低めの塩分濃度0.1%の塩化物泉。
番組の実験では1週間で冷え症改善効果が見られました。

●朝までぐっすり眠れる!希少性の高い野蚕シルク使用の人気の冷えとり靴下
野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】


●ふくらはぎが冷えていると温かい血液は足先に届きません。30万足突破の人気商品!
ふくらはぎ専用レッグウォーマー

冷え症に効果的な対策 生姜ココア ハラパン 手足ブラブラ体操 バイキングで紹介

毎年だんだん寒くなってくる季節になると冷え症対策に関する情報が増えてきます。
フジテレビ「バイキング」でも取り上げられましたので紹介します。

ホットココアは冷え症に最も効果的


多くの女性を悩ます冷え症ですが、温かい飲み物は体を温めくれて冷え症を改善させてくれます。
そんな温かい飲み物の中でもホットココアが最も効果的なんだそうです。
生姜湯がよく体を温めると言われますが生姜湯よりも効果的なんだそうです。

森永製菓のホットココアと生姜湯の飲んだ比較実験では、飲んだ後の手の甲の温度を測定した結果、
生姜湯はすぐに温度を上がり温まるが、その後急速に温度が下がってくるのに対して
ホットココアは、温度の低下が緩やかで持続性が高いということでした。
これはココアに含まれるテオブロミン、ポリフェノールが血管を拡張させ血流を増やし
体温を上昇させるためと考えられるそうです。

生姜ココアがオススメ


滋賀県立大学 灘本名誉教授の研究では、しょうがは主に額、首、鼓膜、手の指先といった
上半身を温める効果があり、ココアは、手首、足首、手足の指先といった末梢部と
下半身を温める効果があることが分かったといいます。

そこで医師で医療ジャーナリストの森田豊先生がオススメするのが生姜ココアです。
上半身を温める生姜と下半身を温めるココアを両方一度に摂ろうというものです。
森田先生によるとホットココアにすりおろした生姜を小さじ1(5g)を加えると
冷え症の解消に効果が期待できるということでした。

番組の試飲では、ゲストの松下由樹さん、伊藤かずえさんはおいしいということでしたが
女医の西川史子さんは、苦手だということでした。

手足を温めるには腹巻きと毛糸のパンツが効果的


腹巻きは体を温めるのに効果的なのは、昔からよく知られていることですが、
全国冷え症研究所の実験によると腹巻きに加え毛糸のパンツを履くことで手足の先まで
体温が上昇することがわかったといいます。
これは下腹部の太い血管を温めることで血行がよくなり手足の温度も上がったと考えられるそうです。
この腹巻きと毛糸のパンツ2つが合体したものが既に売られています。
下着メーカーのワコールから売られているハラマキ付きパンツで、通称ハラパンと呼ばれるもの。
価格は¥1300〜

冷え症にオススメの入浴法


ぬるいお湯(38〜39℃)に15〜20分かけて入る。
さらに心臓への負担も少ない半身浴がオススメ。
また保湿クリームも脱衣所で塗るより風呂場内で塗ったほうが
乾燥が防ぐことができ冷えにくくもなるといいます。

手足ブラブラ体操


手足ブラブラ体操は、椅子に座った状態で全身の力を抜いて手足をブラブラさせるもの。
手足へ血流が流れ、冷え症に効果があるといいます。
いつでもどこでも冷えを感じたら行えばいいそうです。

●朝までぐっすり眠れる!希少性の高い野蚕シルク使用の人気の冷えとり靴下
野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】


●ふくらはぎが冷えていると温かい血液は足先に届きません。30万足突破の人気商品!
ふくらはぎ専用レッグウォーマー


冷えのぼせの原因は自律神経の乱れ 改善法とは

寒くなると冷え症に悩む人が増えてきますが、その冷え症が悪化した
冷えのぼせに注意が必要だといいます。
テレビ朝日「グッドモーニング」でも取り上げられましたので紹介します。

冷えのぼせの原因は自律神経の乱れ


冷え症の中には、手足は冷たいのに頭はボーッとしてほてる人がいるといいます。
それはただの冷え症ではないとのこと。
それは冷え症がさらに悪化した冷えのぼせだということでした。
10月11月は冷えのぼせが増える季節だといいます。
冷えのぼせは、気温差が大きい季節に起こりやすく、
手足は冷えているのに頭はのぼせるといった症状です。
これは自律神経のバランスを崩したいる状態だといいます。
ちょっと体を動かしただけで上半身だけどっと汗をかくのも冷えのぼせの症状だといいます。

冷えのぼせの改善法


冷えのぼせの改善として間違った方法が長風呂だといいます。
冷え症だと思って長風呂をするとかえって悪化してめまいや頭痛なども
引き起こすことがあるといいます。
冷えのぼせの人は自分に合った温度と時間で心地よく入浴するのがいいとのこと。
改善法としては、寝る前のストレッチや腹式呼吸が有効とのこと。
また電子レンジで温めた濡れタオルや市販の温熱製品で太い血管が通る
首の後ろを温めると効果があるといいます。

ハイネックなどの首周辺が覆われている服はさけ、首の前が空いている服を着たり
首周りに風を通せるアイテムが有効だといいます。
冷えのぼせは、ただ温めるのは逆効果で冷えている部分はしっかり温めて、
のぼせている部分からは熱を逃がしてあげるのが良いとのこと。

冷えのぼせは女性に多いですが、男性でも出ることがあるといいます。