頭痛 (2) - 健康関心事

  

気象病とは?その対処法 血行を良くする体操

台風や雨の日など天候が悪いと頭痛がする人、それは気象病かもしれないといいます。
テレビ朝日「グッド!モーニング」で気象病について取り上げられましたので紹介します。

気象病とは


秋葉原駅クリニック 大和田潔先生によると、天候が悪くなった時に、気圧の変化から元々持っている
持病が悪化したり、体調を崩したりする症状を総称して気象病と呼ぶとのこと。
台風や低気圧によって気圧が低下するとそれに伴って頭痛や神経痛の症状をきたすものなどです。
持病の喘息や心臓病が悪化すると命の危機にも直結するので軽く考えない方がいいといいます。
台風が接近すると気象病とみられる患者さんは増えるそうです。

ではなぜ気圧が低くなると頭痛を引き起こすのか?
人の血管は気圧とバランスをとって太さを保っています。
気圧が下がると血管が膨らみます。膨らんだ血管が神経を刺激し頭痛を引き起こすといいます。

気象病の対処法


大和田先生によると気象病によって起こるコリは血行を良くすることで取ることができるというのです。

オススメの体操


朝行うと良いという体操です。
(1) 息を大きく吸いながら、両腕を真上に肩幅の広さで上げブラブラさせる。
(2) 息を吐きながら両腕を一気に下ろす。
1〜2分繰り返す。
これにより酸素を多く含んだ血液を体内に送ることができるので気象病を予防することができるといいます。

※症状がひどい場合は、やはり病院で診てもらったほうがよいとのこと。



頭痛は約350種類 坂井文彦先生の頭痛の見分け方 たけしのみんなの家庭の医学

頭痛は多くの人が経験しますがその頭痛には様々な種類があるといいます。
代表的な2大頭痛といえば、緊張型頭痛と片頭痛ですが、
その他のも様々な頭痛があり、なんと約350種類もあるといいます。
テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」で様々な頭痛について
取り上げられましたので紹介します。

坂井文彦先生の頭痛の種類の見分け方


頭痛のスペシャリスト 埼玉国際頭痛センター 坂井文彦先生は、約350種類にも及ぶ
頭痛からその患者さんの頭痛がどの頭痛に該当するのか特定を行います。
頭痛が特定できればその頭痛に合った適切な治療を行なうことができます。

圧痛点


慢性頭痛患者の多くには痛みを発するポイントがあるといいます。
それが圧痛点と呼ばれるもので、緊張型頭痛なら肩から首のしこりが痛み、
群発頭痛なら眉毛のあたりが痛むといいます。
圧痛点により、いくつかの頭痛が特定できるそうです。

頭痛ダイアリー


坂井先生は患者さんの頭痛を特定するために頭痛ダイヤリーという坂井先生が
開発した日記を書いてもらいます。
頭痛の程度、起きた時間、服用した薬、頭痛の症状や出来事などを書き込むもの。
これを見ることで頭痛の実態が客観的に分かり、頭痛の種類が特定できるといいます。

発作性片側頭痛


坂井先生のもとを訪れて緊張型頭痛に隠れた頭痛が特定できたケース。
周期的に片目の奥が激しく痛むというNさん、頭痛ダイヤリーや彼女からこれまで
聞き出した症状から頭痛は発作性片側頭痛と特定されました。
発作性片側頭痛は、発作的に片側の目の奥が刺すように痛み目が充血して涙が止まらなくなる頭痛。
この頭痛は、湿布でお馴染みのインドメタシンが特効薬で症状を劇的に改善してくれる
といいます。
Nさんもこの特効薬のおかげで劇的に症状が改善しました。

睡眠時頭痛


坂井先生のもとを訪れて片頭痛に隠れた頭痛が特定できたケース。
頭痛ダイヤリーや彼からこれまで聞き出した症状から頭痛は睡眠時頭痛と特定されました。
睡眠時頭痛は睡眠中にだけ起こり痛みで目が覚めてしまう頭痛。
Hさんの場合、片頭痛で長年頭痛薬を用量以上に飲んだのが原因だということでした。
睡眠時頭痛の治療薬としてメラトニンの働きをよくする薬が処方されました。

頭痛の種類を見分けるポイント


頭痛の起き方によって考えられる頭痛の種類があります。
■朝起きた時に痛む頭痛 → 睡眠時無呼吸性頭痛
 睡眠時無呼吸症候群が原因で起きる頭痛。日中の眠気もあると疑いが強くなる。

■物を噛む時に痛む頭痛 → 巨細胞性動脈炎
 こめかみの側頭動脈が炎症を起こして起きる頭痛。高齢者に多い。
 物を噛むと血管が圧迫されるので痛みがでるもの。脳梗塞の原因にもなる。
 こめかみに血管が浮き出て触ると痛むのでわかる。ステロイド薬によって改善される。

■トイレでいきむと痛む頭痛 → 脳腫瘍
 比較的稀だが見逃すと命に関わる。
 脳腫瘍はゆっくり大きくなるので見つけにくい。
 ろれつが回らない、麻痺、しびれも頭痛と一緒に起こるなら病院へ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。