足裏の痛み(足底腱膜炎・モートン病)衝撃波治療 山口智志先生 モーニングバードで紹介 - 健康関心事

  
スポンサーリンク

足裏の痛み(足底腱膜炎・モートン病)衝撃波治療 山口智志先生 モーニングバードで紹介

足の裏の痛み、そのまま放置するすることも多いですが、
放っておくと危ない足の裏の痛みもあるといいます。。
テレビ朝日「モーニングバード」の石原良純さんのアカデミヨシズミのコーナーでも
足裏の痛みについて取り上げられましたので紹介します。

足裏の痛み


足裏の痛みについて教えてくれるのが千葉大学医学部附属病院 足の外科外来 山口智志先生です。
足裏は、縦と横の2つのアーチで体を安定させたり、衝撃を吸収したり、大切が役割を
果たしているといいます。
この足裏が痛いという病気で多いのがかかと側が痛くなる足底腱膜炎と前側が痛くなるモートン病の2つ。

足底腱膜炎とは


足首を反らしさらに親指を反らせると足裏に出てくる突っ張る膜が足底腱膜で足底腱膜炎とは
ここが炎症を起こす病気でかかとが痛くなるのが特徴。
特に朝起きた時の最初の一歩目が痛み、その後痛みが引くがしばらく歩くとまた痛むのが典型的な症状だといいます。
中高年の女性がなりやすく、原因は加齢、使い過ぎ、体重など。

モートン病とは


足のつま先の神経が圧迫されて痛むというもの。歩く時や家事で神経の圧迫が積み重なると
神経が腫れて少しの刺激で激痛が走るといいます。
歩くときは、つま先立ちをする時に痛みが走るのが特徴。

足裏の痛みは靴が重要なポイント


かかとにクッションがないパンプス、ヒールなどの靴は足底腱膜炎になりやすく、
ハイヒールはつま先に負荷がかかりモートン病になる原因の一つと考えられています。

足裏の痛み軽減法


足裏の痛み予防軽減法としては靴の中敷きを入れるという方法があるといいます。
中敷きは医療期間でオーダーメイドで作ってくれるものがあります。
オーダーメイド中敷き¥1万2000〜(保険適用3割負担の場合)
ハイヒールは、市販の滑り止めの中敷きがオススメ。

足裏の痛みの治療法


足底腱膜炎とモートン病の2つの痛みの治療法です。

足底腱膜炎の治療


足底腱膜炎の場合、ストレッチで痛みを取ることができるといいます。
片足をもう片方の太ももにあぐらをかうようにのせ、足の指全体を手で反らせ、足底筋膜を伸ばす。
1回10秒で左右10回行う。
ストレッチの他には湿布薬と飲み薬。
それでも痛みが取れない場合は、衝撃波治療を行うといいます。
衝撃波治療器の治療費 約¥1万5000(3割負担の場合)
難治性の足底腱膜炎の方のみ保険が適用。

モートン病の治療


痛みを取るステロイド注射や腫れた神経をとる外科手術。

モートン病は以前あさイチでも取り上げられました。
http://kenkouk.seesaa.net/article/400398651.html
スポンサーリンク