便秘になりやすい人は怒りっぽい人・眠れない人・ため息をつかない人 便秘解消セルエクササイズ 小林弘幸先生 - 健康関心事

  
スポンサーリンク

便秘になりやすい人は怒りっぽい人・眠れない人・ため息をつかない人 便秘解消セルエクササイズ 小林弘幸先生

便秘になりやすい人は、いくつかの特徴があるといいます。
フジテレビ「ノンストップ!」で、取り上げられましたので紹介します。
教えてくれるのが便秘のスペシャリスト 順天堂大学医学部附属 順天堂病院 小林弘幸先生です。

小林先生によると便秘で20日〜1ヶ月出ないという人はざらにいるといいます。
また、女性に多いといわれる便秘ですが、加齢とともに便秘になりやすくなり、
男性でも70歳を超えると女性以上に便秘の人が増えてくるといいます。

怒りっぽい人


怒りっぽい人は、腸を動かすのに大切が自律神経が乱れがちになるといいます。
怒りっぽい人だけでなく些細なことでイラっとする人、また仕事上怒らなくてはいけない
警察官、教師、役者さんなども便秘になりやすいといいます。
本当に怒らなくても怒る演技でも良くないそうです。
1回怒ると3時間は腸に影響するとのこと。

怒りっぽい人の対処法


自律神経は軽い一定の刺激を与えると安定する。
怒ったらトントン軽く叩くとよいそうで、手の甲をトントンしたり、夜寝る前に顔を手で
軽くトントンするとよいとのこと。リズムは自分が心地よく感じるリズムで。

眠れない人


徹夜明けにハイになるのは、自律神経が乱れているためで、腸が動かなくなり便秘に
なるといいます。
仕事や悩み事などで眠れない人だけでなく、遊びなど夜ふかしをする人も睡眠不足に
なっている人は自律神経が乱れて便秘になりやすいといいます。
きちんと睡眠をとることと、朝食をしっかりとることが大切で自律神経が整えられる。

ため息をつかない人


ため息をつくと幸せが逃げると思っている人や、教師、キャビンアテンダントなど
仕事上、ため息がつきたくてもつけない人も便秘になりやすいといいます。
ため息は、リカバリーショット的なもので、負のものを一気に解消するもの。
太極拳、ヨガなどで息を吐くというのは、自律神経を安定させるもの。
ため息はためらわずに吐いたほうがいいとのこと。呼吸でフーと吐くことでも効果がある。

セルエクササイズのやり方


小林先生によると便秘解消させるにはセルエクササイズがオススメとのこと。
セルエクササイズは細胞を活性化させる体操。
腸はこうした動きによく刺激され便秘が解消されるという。

(1) 手をバンザイさせて腕は耳より後ろに持ってきて手をクロスさせる。
(2) 上半身を左右前後にゆっくり傾ける。
(3) 最後は円を描くようにゆっくり上半身を回す。
1日朝夕2回程行うだけ効果がでてくる。

スポンサーリンク