腰痛の原因の見分け方 腰以外に胸椎や内臓の場合も たけしのみんなの家庭の医学 - 健康関心事

  
スポンサーリンク

腰痛の原因の見分け方 腰以外に胸椎や内臓の場合も たけしのみんなの家庭の医学

腰痛の原因は様々です。
特に最近では腰痛の8割が原因不明とも言われています。
そんな腰痛ですが腰が原因かそうでないか見分ける方法があるといいます。
テレビ朝日「たけしのみんなの家庭の医学」で取り上げられましたので紹介します。
教えてくれるのが、厚生中央病院 脊椎脊髄外科部長 駒形正志先生です。

腰痛の原因の見分け方


通常、腰が痛い場合、腰に原因があると思ってしまいますが、腰が原因ではないことも
結構あるといいます。
ではどうやって見分ければいいのか。
駒形先生によるとその見分け方のポイントが「姿勢」だということでした。
腰痛には姿勢によって痛みが変わるものと姿勢に関わらず痛むものがあるといいます。
姿勢によって痛み方が変わる腰痛は腰に原因があることが多いといいます。
例えば、腰椎椎間板ヘルニアの場合は、前屈みになると痛みにが増し、
また、腰部脊柱管狭窄の場合は、逆に前屈みになると痛みが軽減されるといいます。
姿勢と関係なく痛みがある場合は腰以外に原因があることが多いといいます。
原因は、大きく2つ考えられ胸の骨と内臓が原因の可能性が考えられるといいます。

腰痛の原因が胸椎の場合


胸椎は姿勢に影響されにくく、ここに脊髄を圧迫することがあると姿勢に関係のない痛みが出るといいます。
例えば、プロ野球の星野仙一監督がかかった胸椎黄色靭帯骨化症や
脊髄に腫瘍ができる脊髄腫瘍などが代表的な病気だといいます。

腰痛の原因が内臓の場合


ちょっと怖いですが内臓の病気で腰痛が起きることもあるといいます。
主な臓器が、胃、腎臓、肝臓、すい臓、子宮などが挙げられるといいます。
痛む場所は、主に悪い臓器の近くが痛むことが多いそうです。
また内臓が原因の腰痛の場合はは、腰痛の他にも症状が出ることが多いといいます。
例えば
すい臓の病:腹痛、吐き気、食欲不振
腎臓の病:むくみ、血尿、発熱
肝臓の病:疲れやすい、黄疸
子宮の病:下腹部痛、不正出血など

病院で診てもらう場合、腰痛の以外の症状も関係ないと思っても
医師に伝えることが大切だといいます。

●腰・肩・ひざの痛みに飲んで効く!医薬品として効果・効能が認められた富山の薬♪
富山常備薬のリョウシンJV錠 【初回限定価格】でお試しいただけます
スポンサーリンク