オレキシンが不眠の原因 快眠デコ冷やし 快眠ストレッチ 白濱龍太郎先生 モーニングバードで紹介 - 健康関心事

  
スポンサーリンク

オレキシンが不眠の原因 快眠デコ冷やし 快眠ストレッチ 白濱龍太郎先生 モーニングバードで紹介

世の中、不眠に悩む人は多いといいます。
テレビ朝日「モーニングバード」の石原良純さんのアカデミヨシズミのコーナーで
不眠の原因と快眠法について取り上げられましたので紹介します。
解説:RESM新横浜 白濱龍太郎先生

オレキシンが不眠の原因


人を眠りに誘うホルモンがメラトニン。
それとは反対に目を覚ましてしまうギラギラホルモンが最近わかってきたそうです。
それがオレキシン。
このオレキシン、昼間は分泌されていいホルモンですが、
夜寝る前や睡眠中に多く分泌されると睡眠の妨げになるといいます。
その眠りの妨げになるオレキシンが分泌する原因の一つに光があるといいます。
スマホやパソコンの光が刺激になってメラトニンの分泌が弱まり
オレキシンが活性化されるといいます

他の不眠原因


・就寝前の入浴で41℃の以上の熱すぎる湯船につかること
・就寝前の激しい運動
・お酒の飲みすぎ

簡単快眠法


どうしたらよく眠ることができるのか?
白濱先生より簡単な2つの快眠法が紹介されました。

快眠デコ冷やし


保冷剤などで冷やしたタオルをおでこにのせる。
眠りにつく時に脳の温度が1℃程下がるのでそれを助ける働きがある。

快眠ストレッチ


(1) 仰向けになった状態で、手と足を同時にグッと5秒間握る。
(2) 手と足を5秒間開く。
(3) この手足のグーパーを5秒間ずつ5回繰り返す。
手の平や足の裏から熱が放出され、その結果、脳の温度が下がり
眠りやすい状態になるといいます。

スポンサーリンク