目 (2) - 健康関心事

  

白内障の予防にサングラス 目の疲れを取るパーミング体操

夏は紫外線が強い季節で、日焼け止めを塗って日焼け予防をする人が多いですが、
この紫外線、目にも悪く白内障の原因の一つだと言われています。
TBSテレビ「いっぷく」で白内障の予防などについて取り上げられましたので紹介します。
教えてくれるのが池谷医院 池谷敏郎先生です。

白内障は、徐々に進行するので初期の場合、本人はあまり自覚症状がないそうです。
夜、車のヘッドライトが眩しく感じるようになってきたら白内障が進んでいると
みたほうがいいとのこと。

Q.水道水で目を洗うのは白内障に効果があるのか?
白内障は、目の水晶体が白く濁って見えにくくなる病気。
目を洗っても、濁りが取れるわけではないので意味がない。
逆に水道水で洗うと水道水に含まれる塩素で目の角膜を傷つける可能性があるので
洗わないほうがいいとのこと。
最近はプールの後でも水道水で目を洗うことを推奨していないそうです。

Q.サングラスをかけるのは有効か?
サングラスをかけるのは有効。ただし紫外線(UV)カットのサングラスであること。
紫外線は、目には昼間よりも朝夕のほうが、直接目に入るので朝夕も予防が必要。
また、白内障には、外傷性白内障というものがあり、これは物などが目に当たり
傷つくことで将来白内障になるというもの。
サングラスは、目を物理的に守るという働きもある。
ちなみにパソコンの光は、白内障には直接関係ないとのこと。

眼科ドック
40歳以上を過ぎたら白内障の早期発見など目の病気がないか眼科ドックを
受けるものオススメ。
南青山眼科クリニックの眼科ドックは全部で13項目1時間半程 費用は¥2万程

パーミング体操


目の疲れを取る体操
(1) 手のひらをこすって手のひらを温かくする
(2) 手のひらをお椀のように膨らみを持たせて目に当てる。
  この時、目は閉じる。目の周りを温めて血行を良くする。
ちょっと目が疲れたなと思ったときにやるといいそうです。

●やわたの機能性表示食品「メラックスeye」1粒にルテイン25mgと高配合!
機能性表示食品やわたのメラックスeye


●テレビCMでおなじみファンケルの目のサプリ「えんきん」日本初!目の機能性表示食品
えんきん お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!


夕方老眼はパソコン・スマホの使いすぎが原因 予防対策は

最近、夕方老眼という言葉がときどき聞かれるようになりました。
これは、夕方になると近くのものが見えにくくなるという症状です。
テレビ朝日「グッド!モーニング」で取り上げられました。

■夕方老眼とは
夕方になると近くのものが見えにくくなるという症状が夕方老眼と呼ばれるものです。
通常、老眼は45歳以降からあらわれてくる症状ですが、
この夕方老眼は、30代の若さでも急にあらわれることがあるといいます。
原因は、パソコンやスマートフォンの明るい画面を長時間見ることによって、
目に無理が生じてきて筋肉のコリで筋力が落ちて見えくくなるということでした。
放っておくと重い眼精疲労・頭痛・首や肩のコリなどの症状を引き起こすことに
つながるといいます。

そもそも人は、昔から近くの光っているものを長時間みる習慣がないため、
パソコンやスマホを長時間みること自体にかなり負担をかけている状態だといいます。

■夕方老眼の予防対策
パソコンやスマートフォンを使用する時は、30分〜1時間に1度休憩を入れます。
5m以上遠くと見たり、蒸しタオルで目を温めるとより効果的だといいます。

何事もやり過ぎは禁物だということでした。
目を休めるアプリっていうのがあればいいのですが、
そもそも近くの光が目に負担だということでそれは無理だということでしょうか。

●テレビCMでおなじみファンケルのスマホ老眼の方へのサプリ「スマホえんきん」
【ファンケル】パソコン・スマホで駆使した目に!スマホえんきん

白内障の原因は紫外線 サングラス・帽子で予防 白内障手術 モーニングバード

老眼は、年を取ると出てくる症状ですが、それとは別に白内障というものがあります。
白内障は、高齢になってからと思っていたら既に50代の2人に1人が白内障だとも。
そんな白内障についてテレビ朝日「モーニングバード」の石原良純さんの
アカデミヨシズミのコーナーで取り上げられました。
白内障について教えてくれたのが南青山アイクリニック戸田郁子先生です。

老眼は、近くのものがぼやけるのに対して、白内障は、近くとも遠くもぼやけるというもの。
白内障は年齢とともに透き通っていたタンパク質が変性して白く濁るといった症状。
初期の段階を含めると50代で既に2人に1人は白内障になっているということでした。
白内障の原因の一つが紫外線だと言われます。
白内障は老化現象の一つですが、少しでも遅らせようとするなら
若い時から外出時はサングラス、帽子を着用するといいそうです。
これからは、外出時はサングラスですね。

■白内障手術
水晶体が白く濁る白内障の治療法は、元の透き通った状態に戻すことはできないので
手術で人工レンズに入れ替えることなるということでした。
人工レンズは厚みが一定なので遠く用か近く用のどちらか選びます。
最近では遠近両用のレンズもありますが、保険適用外とのこと。
麻酔は点眼による局部麻酔をします。
角膜を約2mm切開し、水晶体をを超音波で砕いて取り除きます。
そこから丸めた直径約6mmの人工レンズを入れて、中で広げます。
手術時間は約10分ほど。痛みはほとんどないとのこと。
以前は7mm切開してレンズを入れたので縫合が必要でしたが今は縫合しないとのこと。
手術は、保険適用され片目で¥5万ほど。
年間約100万件行われている手術で決して珍しいものではないということでした。

●やわたの機能性表示食品「メラックスeye」1粒にルテイン25mgと高配合!
機能性表示食品やわたのメラックスeye


●テレビCMでおなじみファンケルの目のサプリ「えんきん」スマホ老眼の方にオススメ
えんきん お試し2週間分!今ならもう1袋付いてくる!